06
3
4
12
14
16
17
18
19
20
25
29
30
   

神奈川新聞さんの取材を受けました・・・・②

新聞記者さんとお話しして考えたこと。

それは・・・。
自閉症、発達障害に関するネガテイブ報道について。
以前ブログにもアップしたけど→その記事はコチラ

現在では発達障害って言葉を知らない人がいないくらい、
世間で認知されてきた・・・って話題になり。

「でも、それは言葉を聞いたことがあるというレベルで、
正しい認知には至っていませんよね。
先日もありましたけど、
まるで自閉症が犯罪を起こすかのような報道に、
わたしたち保護者はとても悲しい思いをしています。
また、そういう報道が世間から正しい認知を遠ざけていると思います。」

って、言ってみた。

「報道では限られた時間や文字数で伝えるために、
そうなってしまいがちだと思います。
私が医療少年院を取材したとき、
発達障害と犯罪は切り離して考えるべきだと職員の方に聞きました。」

「なるほど。
時間や文字数が決まっている中で伝えるのは大変ですね。
でも!!そこは切り離して報道するべきだと思いますね。」

だってそこは発達障害を持つ人の尊厳の問題だから。


もうひとつ。

「なんでこんな大変なことを続けられるんですか?」・・・との質問に対し、

へっ??・・・ちょっと意味が分からない。

「だって、毎月コミニテイを開いたり、通信原稿を作ったり、イベントを開いたり、
大変だと思いますよ。続けられる原動力ってなんでしょうか?」

うーん、困った。
そんなに大変だと思っていなかったから。
・・・・私以外の人が大変だからかもしれないけど 汗。
私の原動力ってなんだろう??

「ひとつは、私たちスタッフも支えられている一員だってこと。
私たちがコミニテイを開いて、ママたちを支えているだけでなくて、
私たちスタッフも、ママたちにエネルギーを貰っているんです。

あすぽーとのコンセプトは、「みんなで繋がってみんなで強くなる」ですからね。
みんなには、私たちも入っているんです。

もうひとつは、私は息子には絶対幸せになってもらいたいんです。
発達障害のまま自立して幸せになって欲しい。
次男もわが子だから幸せになって欲しいと思いますが、
発達障害児の長男に関しては、より強くそう思います。
そのためには、発達障害を理解してくれる社会になって欲しい。
あすぽーとは発達障害と社会の通訳と言うか架け橋と言うか・・・。
発達障害にやさしい社会を作るお手伝いをさせてもらっていると思っています。」

あすぽーとを発足させたとき、何があっても3年は続けようと思った。
そして、3年経ったら・・・まだちょっと立ち止まれないなあ~って思う。

うーむ、次は何年を目標にしたらいいのかしら??

さらにもうひとつ。

雑談で記者さんの家族のお話がとーっても楽しくて!!
詳しくは書いていいのか??迷うのでスルーするけど、
お兄さんがきな君に似ていて・・・。
今は立派なお仕事をしているのだけど、
そこまでの紆余曲折のストーリーを聞きつつ、
いろんなことを質問させてもらっちゃいました^^v

いやあ~・・・紆余曲折の果てにハッピーエンドのお話しって、
なんか元気を貰っちゃいますね!

記者さん、ほんと楽しい時間をありがとう!

スポンサーサイト
Secre

プロフィール

ぴょん

Author:ぴょん
発達障害ってなんだろう・・?
アスペルガー症候群の息子とその家族が、「発達障害のままで幸せに暮らす」「発達障害という特性を活かして自立する」を目標に、「今出来ること」をやりながら、楽しく暮らしています。母親として、家族の一員として感じたことを、のんびり綴ります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ご訪問者さま

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR