04
1
3
4
5
7
8
9
10
11
12
13
14
15
17
18
20
22
24
25
30
   

きな君の頭の中は??

きな君の頭の中ってどうなっているんだろう??
たいてい毎日一回は思ってしまう。

先日も書いたけど、
注意力が散漫で衝動的な面が強くなってきた。
多動が治まるとADD傾向が強まる。
これは以前吉田先生に聞いたことで、
覚悟はしていたけど以外に手ごわい。

毎日毎日、同じコトを注意されて・・・。
でもちょっと頑張ろうとか、そういう気持ちは微塵もないようだ。
こっちが凹んで折れてしまいそうなくらい、
頑固に同じコトを繰り返す。

「もう投げ出してしまうおうか?」
「いやいや、わたしが投げ出したらだめよ!」
・・・という本人ではなく母の葛藤が毎日つづく!

いろんな療育が終わってしまった今、
相談できるところもなく、母の手探りの日々が戻ってきている。

そんな中で先日、本当に彼の頭の中はどうなっているのかしら?
・・・あらためて思うコトがあった。

それは数学の宿題の採点をしていて。
けっこう複雑な数式の値を求める問題で・・・。
彼は中間式を書かずに頭なの中で計算して答えだけを書く。

さすがに分数の通分は中間式を書いているけど、
こちらは約分を忘れてしまうことが多い。
「4/20も5も同じじゃないかよ!」
たしかに同じだが、約分できるものは約分するルールなんだよ。

「それに他の問題は、なんで中間式を書かないの?」
「え??書くのが面倒だから!」

中間式を書かずに値を求められるのは、それはそれで凄いけど、
ウッカリだから、どこか一つでもプラスやマイナスを勘違いしたらとんでもない答えになってしまう。
それに中間式がないと見直しも出来ないし。

以前通級の先生が言っていた通り、最初は正答が続き、
しばらくすると誤答が続く。
どこで集中力が切れたのかよく分かる。
持ち直すとまた正答が続く。
見直せば、最終的な正答率も上がると思うのだけど。

「ええ??見直しなんて面倒だからやらないよ。
なんで2回もやらなきゃいけないんだ??」

もう!!なんでもかんでも面倒って!!

むりやり中間式を書かせてみた。

「きな君、こんなにぐちゃぐちゃじゃどれが式でどれが値か分からないよ 涙」

「だから言ったじゃん!
おれの中間式なんてだれが読めるんだよ?
おれだって読めねーし!
中間式なんて書いたら全部バツだよ。」

・・・たしかに。中間式を書いたほうがいいのか?書かないほうがいいのか?
コチラが混乱してしまう!

ほんと彼の頭の中はどうなっているのだろう??
分かっているのは、わたしの人生経験は参考にならないというコト。

そもそもきな君のモチベーションが上がって、学習にたいして貪欲にならないと、
おそらく同じ状態が続くのだろう。
それはこれまでの13年の付き合いでよく分かる。

今は最低限の学力キープすることが大事なのかもしれないわね。

あきらめずに頑張るしかないのかな~・・・。
きな君も面倒だろうけど、君に宿題をやらせる母はもっと面倒なんだよ~!
母の葛藤は続く!




スポンサーサイト

No title

ウチと一緒ですねー(^_^;)
姉さんも算数は答しか書いてないです。
そして、約分も途中までで終わってる…
端の方に計算した後があるけど、ぐちゃぐちゃでまったく分かりません(>_<)もちろん見直しなんてやるはずもなく…(TT)

理由はやはり「書くのが面倒だから」
ため息しか出てきません(>_<)

嫌なことは、いかに労力を使わずに終わらせるかって事なんですかね?
好きなことは、そこまでやらなくてもっていうくらい労力惜しまずやるのに(笑)




Kさんへ

おお~仲間がいました^^v

kさんの言うとおり、キライなことはいかに労を惜しむかが目的になってそうです。

好きなことは「もういいよ!」って言うくらい頑張っちゃうんですけどね。そういうものに限って「どうでもいいんだけど。」ってコトばかりですね^^;

これから宿題ラストスパート!!・・・ですよね???
ウチはラストスパートです!!
母、浮き沈みしつつがんばりましょー!

Secre

プロフィール

ぴょん

Author:ぴょん
発達障害ってなんだろう・・?
アスペルガー症候群の息子とその家族が、「発達障害のままで幸せに暮らす」「発達障害という特性を活かして自立する」を目標に、「今出来ること」をやりながら、楽しく暮らしています。母親として、家族の一員として感じたことを、のんびり綴ります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ご訪問者さま

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR