07
1
3
4
8
9
11
12
14
15
16
18
19
23
28
29
30
31
   

空気を読んだ??・・・きな君。

昨日は家族で八景島シーパラダイスへ行ってきました。
そう、もっちがお魚の絵を描く宿題のために行きたいとおねだりした水族館です。

まずは「ふれあいラグーン」へ直行!ここはお魚と触れ合えるだけでなく、
人口のものだけど磯があって海水に入って、箱メガネでお魚を観察できる。

磯遊びが大好きなきな君。もっちと二人でたっぷり1時間半、磯を満喫。
すでに二人は全身ずぶぬれだ。しかし母にとってそれは想定内!!

その後開催された、ずぶぬれ御免のウオーターパテイーは本当に凄かった!!
濡れたくない人は2階のデッキまで避難しろとお達しがあり、すけさんと二人で避難!

もっちが水を怖がったり、きな君がキレたりしたら・・・ずぶぬれ覚悟で救出しなきゃだけど 汗。

シーパランというずぶぬれパーテイー首謀者たちは、
本当に容赦なく躊躇なく本気でホースで客席に散水!!
そりゃーもう、気持ちいいくらいずぶぬれだ。
パーテイの始まりは、直径1メートルの巨大なタライがひっくり返って
参加者たちの頭上に大量の水が落ちてくる。
それを合図に、大人も子どもも、水鉄砲やひしゃくやバケツで水を掛け合う!!
トドにホースをくわえさせ、イルカや鯨にジャンプさせて、もう・・・水だらけ!

きな君ももっちも、磯の香りが落ちるくらい水をかぶって大はしゃぎ!
上から見守っていた母・・・楽しそうなわが子っていいよね^^v

でもこの日は、子どもたちの笑顔のほかにも嬉しいことを発見!

それはきな君が周囲に配慮を見せたこと!!

まずは、タライの水が落ちてくるときに、もっちに覆いかぶさって庇ったこと。
ふたつ目は貸し出し用のバケツをもっちの分まで借りてきたこと。

弟の面倒を最低限見るように、いつも言い聞かせているから、
ここまでは出来ても不思議ではない。

驚いたのは三つ目!!どんなに水を掛けられても、
きな君はシーパランと呼ばれる首謀者たち以外には水を掛け返さなかったこと。

あのきな君がちゃんと周囲を見て行動したことに・・・母、感動!
見知らぬ小さな子にせがまれて、自分のバケツまで譲ることが出来た。
→なんてステキな光景!!見慣れないから興奮しちゃって!!

だってだって・・・やりすぎてしまうだけでなく、キレたりパニックを起こしたり、
被害的に感じて周囲に攻撃したり・・・。
納得いかない態度の大人に「クソばばあ!」って叫んで止まらないこともあったな 涙。
過去にレジャーで何度も大変な事態を引き起こしてくれた、きな君。
あの!!きな君が!!

今回は大好きなお水遊びだったって好条件も揃っていたけど、
アスペっ子!!空気読めるじゃん!!

まあ空気が読めたわけではないね。
おそらく自分の経験値から、正しい対応を引っ張って来れたのね。
自分の衝動に負けなかったのは、好条件のアシストが本当に大きいと思う。
キライな課題をやっているような時は、まだまだ難しいと思うけど。

自分の経験値から予測して一般的な正解にたどり着けるんだなあ。
一緒に外出するたび、トラブルになって本当に大変だった。
トラブルになるのに外出が好きで、毎日毎日トラブルの火消しでクタクタだった。
でもそういうコトの一つ一つが経験値を上げていたんだな~って!!
わたしの切なく苦しい過去も・・・花が開くものだったんだなって・・・感慨ひとしお!!

さてさて、ご機嫌でずぶぬれスポットをあとにしたきな君!
次回に続きます。
スポンサーサイト
Secre

プロフィール

ぴょん

Author:ぴょん
発達障害ってなんだろう・・?
アスペルガー症候群の息子とその家族が、「発達障害のままで幸せに暮らす」「発達障害という特性を活かして自立する」を目標に、「今出来ること」をやりながら、楽しく暮らしています。母親として、家族の一員として感じたことを、のんびり綴ります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ご訪問者さま

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR