10
4
5
9
10
11
12
14
15
17
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

トラブル・・・。

昨日、ちょっとした事件があった。
事件・・・というか・・・ご近所のトラブル。

すけさんと出かける予定だった義父が、ウチの前に車を停めて待っていたことに腹を立てた近所の男性が怒鳴り込んできた!!

数日前にご近所のワンちゃんがウチの前で吼えたコトや、子どもが遊びに来たときの自転車や、彼の気に入らないことがいくつかあって、スゴイ剣幕でわめきたてていた。
ちなみに、犬は昼間に数回吼えただけ・・・。自転車もちゃんと寄せています。

「いい加減にしなと、家に火をつけるぞ!」・・・とか、
「お前みたいな人間が生きているかと思うと死にたくなる!」・・・とか、
「いつか、ぶちきれるぞ!」・・・とか、→すでにぶち切れてますよね。
「お前にはろくな友達がいない」・・・とか・・・・たぶん、思いつく限りの暴言を吐いて行った。

彼は私の何を知っているのでしょうね。

今までにも、私以外の方に暴言を吐いているのを何度か見ているし、犬が嫌いらしくて犬を飼っているお宅に苦情を言って回ったりしている人なので・・・そんなに驚きはしなかったけど。

怒鳴られている私の隣にもっちがいた。家に入りなさいと言ったけど、もっちは私の真似をして、「気をつけます。」「申し訳ありません。」とか言いながら、ぺこりぺこり頭を下げていた。

私の頭には、暴言を超えた行動に出たらもっちだけは守らなきゃ・・・しか頭になくて。
「申し訳ありません。」を繰り返していた。

ただ、彼が「お前だってお前みたいなヤツがいたら文句言うだろう??」・・・と、言ったときは返事をしなかった。
・・・だって、たぶん文句を言いに行かないもの。
そりゃ、生活していればムッとしたりイラっとすることはあるよ。
でも、お互い様だから文句を言いに行ったり、暴言を吐いたりは絶対にしない。

彼が帰ってしばらくして、すけさんときな君が役所から帰ってきた。
旦那にも言っておけよ!!厳しく言え!・・・って言っていたのですけさんに話したら、「俺が言い返してくる。」・・・って言ったけどやめてもらった。
・・・同じレベルでケンカしても仕方がないじゃん。

とりあえず、彼を刺激したくないので、きな君のお友達が来る予定だったけどお断りの電話を入れた。
・・・なんかお友達の声を聞いたら言葉に詰まって、涙声になっちゃったわたし。
お家に入って気がゆるんだんだな~・・・。

私の涙声を聞いたきな君が・・・。
「お母さん何かあったの??」・・・ますます言葉が出ない。
「いいんだよ。無理して言わなくても。・・・」・・・本当に涙出ちゃうよ!
「でも、言いたくなったいつでも言ってね。相談に乗るよ。」・・・。

アスペ君は、空気を読めないとか、人の気持ちが分からないとか・・・そんなことない。
表現の仕方が分からないだけ。本当は痛みが分かるんだね。
きな君は、いつも私がしている対応をそっくりそのまま学習して慰めてくれた。

いつもはワガママで逆ギレするもっちも、私と一緒に頭を下げてくれた。

子どもを支えているつもりだったけど、私が支えられていたんだな~
もう、ぎゅ~してちゅ~して・・・三人で笑って・・・。

でも、今日も車の音や犬の声を聞くと、ドキッとしちゃう。私に関係なくても・・・。
自分では、そんなに傷ついていないつもりなのに。
それくらい、怒鳴られたり暴言を吐かれたりしたことって心に残る。
無意識の中に。

子どもに対して、自分はどうだろう??
私が感情に任せて怒鳴ったことも、きっと子どもの無意識に残っている。

子どもに対してちょっと、反省・・・。

ご近所さんにはどう対応しましょうかね・・・。
彼の心理状態・・・とても私には分かりません。
おそらく、幸せじゃないでしょうね。
こんど、臨床心理士の先生に聞いてみよ。

スポンサーサイト

なんて人なんだろう
って思いながら読んでいたのに、、子供達に対する自分の態度を考えてドキッとした。

子供達には、
『自分にされたらどういう気持ち?』と何度も言っていながら、私は必要以上に怒ってしまう事が多い。
今日は感動的な話を沢山聞いたので涙もろくて、電車の中なのにブログにホロリ。
きな君、素敵に成長しているね♡

No title

かわいそうに・・・辛かったですね。

それにしても今時珍しいご近所さんですね。
どなりこんで来るなんて、昭和の遺物。

・・・たくね。寂しがりやさんだろうのに、こらえ性がなくて、
自分は正しいって思い込んでて、想像力がなくて
・・・さて、どういうリアクションを取りましょうか?

見かけたら、ニコニコして「寒いですねぇ」とか
「もう2月。早いこと」とか、普通に言えたら、立派なおばさんだ。
かのつわもの、ひょっとして少し反省してるかもよ。



No title

本当に・・ぴょんさんかわいそう・・。
もっち君もきな君もすてき!

転職したばかりの主人との昨日の会話。
「悪いけど作業着のズボンのポケットを縫ってくれ。」
「どうして?」
「上司と話しているときに、ポケットに手を入れて話をしているのを見て、60代のおじさんに、~新人さん、上司と会話するときの態度じゃないぞ~って言われた。」
「そうなんだ、それでどうしたの?」
「ふざけんなよ!おまえなんか(あまりに汚い言葉なのでカット)。」
「って言ったの?」
「言わなかった。半年たって仕事で見返したら言ってやる。でも、仕方がないんだよ。まだお互いのことを知らないし、最初だから試されてるのかもな。」
(少しは大人らしいところがあるんだ・・・とは言わなかったですが)

半年前くらいに、私自身が原因ではなかったのですが、あることをきっかけに突然連絡を絶たれてしまったママ友のことを高校からの友人に話した時に言ってくれた言葉。
「結局はYの中身を見てなかったってことじゃん。」

自分もよくやってしまいますが、深く関わりのない人のことほど、ちょっとしたことで、その人を「評価」してしまいますよね。
ぴょんさんのような「恐怖」はなかったので、私たちは嫌な思いをしただけで済みましたが、相手の中身を見ることをしていかなくてはいけないな・・と思いました。

Nさん、いつも知的なので、今回のコメント読んで、かなり親近感が湧きました。
私もズバッと言いたい!と思ったのですが、ちょっと良い人ぶってみました(^_^;)

主人のズボン縫いました(^_^)v






立派なオバサンにはなれないかも。

ただ、人間は孤立しすぎると何をするか分からないので、時間がたって怖さが薄らいだら挨拶くらいはしようかな。
子どものために。

実際クレーマーさんは孤立しています。
最近ご家族の姿も消えました。
お洗濯もお布団も干されるのは1人分。
越してきたときから仕事もされてません。

ご近所で怒鳴り散らすことや、子ども相手にハサミを持って「ぶっ殺す」なんていうこともあるので、はっきり言ってみんな近づきません。

Nさんの言うとおり。自分だけが正しくて想像力が欠けていて、そして寂しい人。
近所のゴミを拾ったり、いい人になろうとする極端な姿も見られます。
だから今までは少々怒鳴られても、普通に接していたんですけどね。

でもね・・・さすがに今は無理。
小心者だから・・・。

考えたくないけど、発達障害の可能性もあります。
音に敏感で、自分のルールは全員が守るものだと思っている。
かっとなるとパニック状態・・・。異常に几帳面で自分のテリトリー意識が強すぎる・・・などなど。
おそらく愛着を形成できず、セーフティゾーンを持たない・・・のではないか??

でも、今は棚上げします。政治家じゃないけど・・・。



kotoさん

わたしも反省したよ~
怒らない週間もなかなか達成できない・・・。

きっと、お母さんとしてまだまだ未熟なんだろうね。

子どものほうがよほど寛容・・・。
どんなに怒っちゃっても水に流してくれる。

クレーマーさんは置いておいて、子どもに対しての自分を振り返るチャンスになりました。

Yさん

ご主人ポケット破いちゃいましたか!

仕事で見返すのは良いですね!!
中途で入社すると、ご主人もピリピリしているし、相手の本意も分からないし、今がいちばん大変なときかもしれませんね。

それにしても、いい奥さんだな~♪
きっと、奥さんに愚痴をこぼしてポケット縫ってもらって、切り替わっていますね!

ママ友とのトラブルも・・・辛かっただろうけど、高校のお友達の言うとおりだと思います。
色んなコトを経験して、皆さんのように成長していけるんでしょうね。

わたしはまだまだ・・・。
でも無理して頑張りません!→エラそうに言うことじゃないけど。
ダメージが抜けたら、クレーマーさんの対応を考えようかな。

Secre

プロフィール

ぴょん

Author:ぴょん
発達障害ってなんだろう・・?
アスペルガー症候群の息子とその家族が、「発達障害のままで幸せに暮らす」「発達障害という特性を活かして自立する」を目標に、「今出来ること」をやりながら、楽しく暮らしています。母親として、家族の一員として感じたことを、のんびり綴ります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ご訪問者さま

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR