10
4
5
9
10
11
12
14
15
17
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

自分で決める!

体育祭の準備が始まりました。
学年競技は5年生のときにトラブルになった背渡り。
そのときの記事はコチラ
よりによってまた背渡りですか 涙。

金曜日は3時間も練習があったようで・・・。

不機嫌でしかも部活をサボって帰宅。
「疲れた、疲れた、疲れた・・・シャワー浴びて寝る。」
そりゃそうだろう・・・運動会の練習は6年生のときしか全部参加していない。
しかも6年のときは運動会に関係ないところはユルユルに緩めてもらっていたし、
今回が初の・・・Theみんなと同じ練習なのだ。

「もう塾もやめたい。」と、ごねまくり・・・・。

更に土曜日は遊びすぎて・・・。
夜になって宿題がたくさん出ていたことに気が付いて・・・号泣!

「あそぶときだけ元気なのはルール違反!」
・・・と、釘をさしたものの。
「塾も部活も宿題も、そして体育祭の練習も・・・
お母さんが決めることじゃないから、やるかやらないかは自分で決めなさいよ。」
・・・と、どうするかはきな君に丸投げ!

きな君がやらなきゃいけないと思っていて、でも一人じゃできないコトは手伝うけど、
やりたくなくてやめたいなら・・・やめればいいさ。
部活だって体育祭の練習だって・・・休みたければ休んでいい。

もう中学生だからね。自分がどうしたいか??どうすればいいか?
自分で考えられるんじゃない?

宿題も、テスト前の勉強も、持ち物の管理も、
きな君は自分ひとりじゃできないから手伝っている。
本人は泣くし、ごねるし、文句も言うが・・・最後はお礼を言ってくれる。
「さっきは文句を言っちゃったけど、付き合ってください。」・・・って、言ってくる。
それは本人がやらなきゃいけないと思いつつ、ひとりじゃできないコト。
だから・・・母も大変だ~と言いつつ、時に闘いつつ、手伝う。

でも、きな君がどうしても休みたかったり、やめたかったりするのなら・・・。
それは母の出る幕じゃないもんね。

子どもだって侮ってはいけないよね!?
ちゃ~んと自分で考えて決められる!!
逆に、自分で決めろ!!って言った方がちゃんと考える。
スペクトラムっ子だって・・・いや、だからこそ、
ちゃんと自分のメリットデメリットを天秤にかけて考えるのはうまい!

まあ、万一失敗しても、まだ中学生だもん。いくらでも取り返せるよね。

「塾は・・・もう少し頑張ってみる。おれだって高校は行きたいから。
部活はあんまり疲れたときは休む。
宿題はやらないのも面倒だから・・・頑張ってやる!」

それにしても将来働きたくないから自給自足なのに・・・・高校は行くんだ^^;

ちゃんと着地点見つけられたもよう~。
きな君、君が決めたなら・・・それで行こう!

スポンサーサイト
Secre

プロフィール

ぴょん

Author:ぴょん
発達障害ってなんだろう・・?
アスペルガー症候群の息子とその家族が、「発達障害のままで幸せに暮らす」「発達障害という特性を活かして自立する」を目標に、「今出来ること」をやりながら、楽しく暮らしています。母親として、家族の一員として感じたことを、のんびり綴ります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ご訪問者さま

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR