08
1
3
6
7
9
10
11
13
14
15
16
18
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スペクトラムっ子の生態!

10月30日はあすぽーと秋の講演会です。
申し込み受付中。詳しくはコチラ→秋の講演会


講演会のチラシを配った際にもうひとつ出会いが!
今年赴任した中学の校長先生です。

「校長先生、先日は息子がお車に乗せていただいたようで。」と、お礼!

・・・そう、きな君は校長先生の車で学校へ行ったことがあったのだ。
ありがたいけど、なんで??体調が悪いわけでもないのに??
・・・って、なぞがこの日ついに解けました。

「いえいえ、K中の制服を着た生徒があんまり猛スピードで走っているので、
あんな全力疾走で学校まで行けないのではと思いまして。
なにか急ぐ用事でもあったのでしょうか?」・・・by校長先生。

「さあ??なんででしょうね?」・・・と、答えたものの・・・。

たぶん急いでなんかいないと思う。基本、走っている多動児だから!!
・・・とは言えなくて ^^;せっかく心配して乗せてくれたのだからね!!

でもね、きな君から「校長先生の車乗った!」・・・って聞いてちょっとほっとした。
なんでもかんでも杓子定規でルールにがんじがらめに見えるけど、
子供の行動をほほえましく思う先生もいるんだなって!!
それが校長先生なら、きっともう少しスペクトラムっ子にやさしい学校になっていくんじゃないかな?

ちなみにきな君は・・・。
「校長先生の車は雑然としていた。」・・・って、空気を読まない発言をしていて 汗。

基本的に急ぐ!そして、思ったことを口に出す!・・・という、
きな君の生態が浮き彫りになりました。

校長先生は忙しいのよ!!乗せてくれた気持ちに感謝しなさいよっっ!!!

→きな君いわく「もちろん感謝hしてるよ。うれしかったもん!」
じゃあさ、口に出すのは、ポジテイブなほうにしようよ^^;
スポンサーサイト

No title

校長先生の善意が嬉しいですね。
「うちの子」目線だったのですね。ほのぼのします。

Nさんへ

そうなんです。
こういうほのぼの感・・・大事ですよね。

こういうことが、子供のエネルギーになるのかもしれません。

Secre

プロフィール

ぴょん

Author:ぴょん
発達障害ってなんだろう・・?
アスペルガー症候群の息子とその家族が、「発達障害のままで幸せに暮らす」「発達障害という特性を活かして自立する」を目標に、「今出来ること」をやりながら、楽しく暮らしています。母親として、家族の一員として感じたことを、のんびり綴ります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ご訪問者さま

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR