08
1
3
6
7
9
10
11
13
14
15
16
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

コミニテイのカタチ。

10月30日はあすぽーと秋の講演会です。
お申し込み受付中。詳しくはコチラ→講演会


神奈川新聞の記事はコチラ→あすぽーと記事
・・・どれがぴょんさんか秘密です^^;

ミーテイングがなかなか持てないので、正確ではないけど、
たぶんあと20席くらいです。
→たぶんてなんだよ~って突っ込みが聞こえる。
もう少し埋まったらちゃんと確認しますね~。

それと・・・てい談に参加してくださる石井先生ですが、
午後の予定を調整してくださり、懇談会にも参加してくださることになりました。
石井先生は、自閉症スペクトラムだけでなく、さまざまな障害のさまざま年代の療育や支援を30年以上していらっしゃいます。

昨年もそうでしたが、発達障害ではない障害児ママからのお申し込みがあります。
昨年はうすいまさとさんにお願いして、ウエスト症候群ののお話しにも時間を割いていただきました。
今年は、じゅんさんと石井先生が参加する懇談会で対応したいと思います。
また、いつものコミニテイ同様、「人前では発言しにくい」方のために、また時間切れ等で質問を打ち切られてしまった方のために、アンケートによる質問も受け付けます。ただし講演会の参加者に限ります。
→対応するのは私じゃないけど^^じゅんさんと石井先生がいらっしゃれば大丈夫!

あすぽーとは、「子供の障害や特性は違ってもお母さんの不安や気持ちは同じ」という視点からコミニテイを運営しています。
そもそも発達障害は障害を持つ人の数だけ特性がありますし、その点に同じを求めてしまうとコミニテイは成り立たない。
でもね、私がYさんと知り合ったとき、子供の特性はぜんぜん違うのに・・・分かりあえたんだよね。
私もそうだけど、ママは子供のことよりも自分の気持ちを分かってほしいんだなって、自分のことを分かってくれる人がいたら子供のことは自分が分かってあげられるんだなって・・・コミニテイを運営していく過程で、たどり着いたひとつの結論。

最近思うのだけど、私たちはコミニテイを準備するだけ・・・^^;
参加するお母さんとゲストの想いがコミニテイを支えてくれている。

今回の講演会もそう。
私に出来ることなんて小さいものだけど、魅力あふれる講師と参加者のみなさんがいて初めて成り立つ。
それは、あすぽーとの目指す、「みんなで繋がって、みんなで強くなる」コミニテイのカタチ。

コミニテイのカタチを作るのは、ひとりひとりのママなんだよね~。
どんなカタチの未来が待っているのか分からないけど、、、
でこぼこを愛するママたちならどんな形でも、大丈夫!!!


スポンサーサイト
Secre

プロフィール

ぴょん

Author:ぴょん
発達障害ってなんだろう・・?
アスペルガー症候群の息子とその家族が、「発達障害のままで幸せに暮らす」「発達障害という特性を活かして自立する」を目標に、「今出来ること」をやりながら、楽しく暮らしています。母親として、家族の一員として感じたことを、のんびり綴ります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ご訪問者さま

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR