08
1
3
6
7
9
10
11
13
14
15
16
18
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

ちょっとした、でも大切なこと。

10月30日はあすぽーと秋の講演会です。
お申し込み受付中。残席18。
詳しくはコチラ→講演会


昨日は子供たちとボルダリングへ。
きな君はルール関係なく、積極的に汗ダラダラで登る!!
そして落ちる^^;

まあ、こんなだから誰かに教わることが出来ない。
たいてい本人が投げ出すか、先生に見放されるか。

こうやってマイペースに楽しむだけが一番いいのだろうけど。

本当はひとつの壁がレベルごとに色で分けられていてる。

面倒だろうけどさ、色で登ったほうがいい。
レベルが高くなると計画性が必要だし、どこに自分の色があるか探す必要もある。
→色と言ってもシールやテープが目印で、ひとつの石にいくつもシールが貼ってあったり、紺と黒が見分けにくかったり、ストーンもカラフル、シールもカラフルで本当に見づらい。
当然、ADHD&ASDのきな君は色んなことを見逃しがち。

どこに自分の色があって、どうやって手足を引っ掛けてゴールまで行くか?

他の人は登る前にイメージトレーニングでコースを攻略し、
ゆっくりと慎重に手足をかけて登っていく・・・のだが、
きな君は行き当たりばったりで登りながら探すし、慎重さに欠けるので落ちる。
でもレベルの高い色を攻略するとなると、計画性とイメージが絶対に必要。

なので・・・。
ADHD全開のきな君とはいえ、たまに目でイメージしたり計画を口走ったりする。

いい傾向だぞ!!
楽しみつつ、きな君の苦手な、イメージと計画を立てる練習が出来る!!

でも頭を使い、無理な体勢が続き、手の皮は剥けて・・・2時間ほどでリタイヤ。

「最後まで紺はクリアできなかったね。
だから最後に赤をもう一回クリアしてみれば??」

「そうする。最後は出来たで帰りたいから。」

そうなの。最後が出来なかったで終わると悪いイメージがつく。
だから最後はちょっとレベルを下げてでもクリアした~って気分の良さが必要。

赤をクリアしたきな君。
出来た気分でご機嫌で帰宅。
本当にちょっとしたこと。でもスペクトラムっ子には大切なこと。
スポンサーサイト
Secre

プロフィール

ぴょん

Author:ぴょん
発達障害ってなんだろう・・?
アスペルガー症候群の息子とその家族が、「発達障害のままで幸せに暮らす」「発達障害という特性を活かして自立する」を目標に、「今出来ること」をやりながら、楽しく暮らしています。母親として、家族の一員として感じたことを、のんびり綴ります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ご訪問者さま

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR