06
3
4
12
14
16
17
18
19
20
25
29
30
   

じゅんさん講演・・・常識が!?編

「わたし常識がなくなってしまって、今は理屈で来る人が一番つらい。」
じゅんさんの言葉に「うん、うん。」って思った人多かったのでは??

・・・あっ、ご近所に挨拶をしないとか、ゴミ出しルール守らないとかじゃないよ。
→むしろ、そっちの常識は以前よりも気になるようになったような。

発達障がい児を育てていると、子育てに関する常識が取っ払われちゃうよね。

昨日はもっちの面談だったのだけど、
「とにかくやることが遅い。」・・・って言われても、焦れない^^;
「このままだと3年生になるころには遅れが生じてしまう。」・・・と言われても、「じゃあ3年生までになんとかすれば。」と、やっぱり焦れない。
「体育係りのお仕事をテンポ良くできないので、マニュアルを作らせました。」・・・と言われて、焦らないどころかもっちの頑張りに感動!家で愚痴もこぼさずエライよ~!

なにしろきな君はものすごーい多動児だったからね。
扉が開けば乗ってしまうし、水を見れば飛び込むし、足がかりがあればよじ登るし・・・ずーっと追いかけ続けてきた母としては、もっちのスローペース癒しなんだよね^^

そう、発達障がい児を育てると・・・まあいいかで済むものは済ませてしまわないとやってられない^^;

そんなこんなでもっちの面談のたびに、先生とすれちがい^^;

じゅんさんが「たんたんの思春期のときに、いろんなことが出来なくなったけど・・・こんなときこそ基本に帰って、学校へ行っていればそれで良しとした。」っておっしゃっていたけど、「学校さえ行っていればオッケー。」的な考えはウチも何かあるたびに浮上!最悪「学校へ行けなくても生きていればオッケー。」的な考えも持っておきたいといつも心に留めている。

もっちなんて、学校へ嫌がらずに行って、トラブルも起こさず、、、ほんと優秀だと思っちゃうよね~。

先生と分かり合える日は・・・いつだろうね^^


スポンサーサイト

No title

こんにちわ。講演会の運営管理、お疲れさまでした。
私も講演会に参加して、直にじゅんさんのお話を聞きたかったな~。

前回の『叱らない編』、わたしもぴょんさんと一緒だなぁ。。。
叱らないって、ハードル高いよね~。。。
もう『叱らない』でいることが不可能だと気付いたので、私の目標は『怒らない(いからない)』に下げた~(笑)

でもって、私も常識の通じないおとなになったわ。
学校の先生たちの求めてくる『ふつう』に、どうにも反抗心をメラメラ燃やしてしまう時があるのよね~、困ったわー(笑)
「そんな学校なら、行かなくてもいいんじゃない?」って子どもに行っちゃう時もあるもんなぁ。。。
でも、私がそういう時に限って、子どもは「ううん、オレ学校に行ってくるよ。休んでいいよって言ってくれてありがとね」って、自分から学校に戻っていくのだから、子どもって強いなと思うよ。

たえさんへ

ありがとう~・・・じゅんさんのお話はとっても良かったよ^^v長野・・・遠いもんね~!

そうだね、私も「怒らない」でもややハードル高し!

それにしても、たえさん同じよ~。
分かる!!「普通」って何?・・・って、もはや分からなくなっちゃってる^^;
それに・・・。
「学校は行かなきゃいけないの!!」ってガミガミしていたときは、「イヤだ~!!休む休む!」だったのに、「自分のことだから自分で決めていいよ!」って対応に変えてから休んだことないのよ。
子供ってさ、正論でも押さえつけちゃうと反発するけど・・・親が一歩引くと意外と冷静に、そして正論に行くみたいだね・・・もっと早く分かっていれば戦わずに済んだことたくさんあるよね。




No title

今回ボランティアを引き受けてくださった方から、
普段のコミュニティでも、今回の講演でも、いつも思うのは「結局発達障がいの子も、定型発達の子も大事なことは一緒だな。」と思うんです。
と言っていただきました。
二人で話した結論は、「定型発達の子の子育ての仕方が今まで間違ってたのかも」ということでした(^_^;)
今まで「普通」と言われていたことが、実は違っていたんだ・・ってこと、あすぽーとを始めてからたくさん気づきます。

Yさんへ

そのお考えは支援教育の原点ですね。
つまるところ、人はいろんなことが違うけど大切なことは同じ。

わたしもコミニテイでいろんなお母さんにお会いして感じるのは、お子さんの抱える困難はそれぞれ違うけど、お母さんの想いって共通点が多いなってこと。

大人も子供も大切なことは同じですね。


Secre

プロフィール

ぴょん

Author:ぴょん
発達障害ってなんだろう・・?
アスペルガー症候群の息子とその家族が、「発達障害のままで幸せに暮らす」「発達障害という特性を活かして自立する」を目標に、「今出来ること」をやりながら、楽しく暮らしています。母親として、家族の一員として感じたことを、のんびり綴ります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ご訪問者さま

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR