04
1
3
4
5
7
8
9
10
11
12
13
14
15
17
18
20
22
24
25
30
   

分かり合える場所。

もっちが学校から「教育に関するアンケート」を持ち帰った。
こういう類のものって・・・まあ必要なんだろうね。
不必要だとは思わないけど、答えに悩むし凹む。
今回はもっちだったからさくさく答えたけど、きな君だとね~・・・凹む。

たとえば→→「友達と仲良く過ごしていますか。」
・・・思うって答えたいけど、出来ていないわね。
「持ち物の準備や着席、話を聞くなど学習習慣が身についていますか。」
・・・こちらは全く出来ていないのに「学校の重点目標」になっているし。
という具合にどんどん凹んでいく^^;

実際に出来ているか出来ていないか判断できるものはまだいい。
「子供に基礎学力をつけて欲しいか。」
「広い教養や知識を身につけて欲しいか。」
「団体および社会生活のルールを身につけて欲しいか。」
・・・という、理想を言えば身につけて欲しいものは凹むを通り超えて厄介。

子供に学力をつけて欲しくない親なんていないでしょ。
教養も知識もルールも身につけて欲しいよ。欲しいけど・・・。
アンケートでそれが親の総意だと判断されると苦しいことになってしまう。
広い教養も重点目標だったけど、行動や興味が偏っている子もいるんだよね。

どうしても多数派に偏ったものになる。まあ、それが民主主義なんだけどね。
発達障害に関する法は整備されていくけど、実際に恩恵を感じたことってないのよね~。残念なことに。
なんか試験勉強のためのスケジュールを作ってそれで満足しちゃったような。
来年の4月に障害者差別解消法が施行されるけど、どうやって差別を解消するんだろう?
私たちに届くような具体性がなければ意味がないんだけどな。

ネガテイブ思考だと思われても仕方がないって思うよ^^;
わたしも本当は法が「ない」よりは「あった」方がいいとは思う。
でも当事者家族としてはあせりを隠せない。
きな君が発達障害って診断されたとき、なんとかしてくれる何かを探した。
あるだろうと思っていた。でも、どんなに探しても見つからなかった。
探すだけ無駄だって分かったら、自分がなんとかするしかない。
待っていたら何とかなる前に人生が終わっちゃう。

きっと凸凹君を育てている人にしか分からないだろうな。
だから分かり合える場所が必要なんだよね。

頼もしいコミニテイママたち。20日にお会いするの楽しみだな♪





スポンサーサイト
Secre

プロフィール

ぴょん

Author:ぴょん
発達障害ってなんだろう・・?
アスペルガー症候群の息子とその家族が、「発達障害のままで幸せに暮らす」「発達障害という特性を活かして自立する」を目標に、「今出来ること」をやりながら、楽しく暮らしています。母親として、家族の一員として感じたことを、のんびり綴ります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ご訪問者さま

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR