08
1
3
6
7
9
10
11
13
14
15
16
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

もしかして・・・??

発達障害者のクロストークを録画して・・・。

まあ、録画リストには家族全員の見たい番組がごちゃ混ぜになっている状況なの。
さすがに4人がバシバシ見たいものを録画するから、見たら消去してはいるんだけど。
この番組は今のところ消せないリストに入っているの。

この番組をきな君が間違えて再生したときのこと。
最初に、発達障害を簡単に説明する図が出てくる。
自閉症、アスペルガー症候群、ADHD,LD・・・主な症状も添えてね。

ちょっと、ちょっと、まずいかったかな・・・???・・・って冷や汗ものだったけど、騒ぐとかえってよくないと思い・・・様子見!
じーーっと見ていたきな君の第一声!
「お母さん、おれは発達障害じゃないよね!?」
この間の佐々木先生のお話を思い出して、さりげなくさらりと・・・。
「発達障害は珍しいものじゃないし、発達障害でも発達障害でなくても、お母さんの大好きな、きな君はきな君。」
ちょっと、安心した笑顔で・・・。
「コレをみると、おれは発達障害だな。でも、軽いと思う。」
・・・ふーん、客観的に自分を見ているな~。
「きな君はどうしてそう思うの?」
「だって、おれは落ち着きがないし、片づけが苦手だし・・・でも、算数や国語は苦手じゃないし。」
・・・よく分かってらっしゃる。
「そうだね。きな君がそう思うなら、軽い発達障害かもね。」

それで、話は終わった。

夜、すけさんに話すと・・・彼は結構あせっていた!
「きな、引け目を感じてないかな?ポジテイブに受け止めてる?」
・・・・
「うーん、どちらでもないよ・・・君はマイペースだからO型だね・・ふーん、ってな感じ!」→分かりにくい。
先日マレットゴルフで泣いたきな君を見て、やっぱり発達障害なんだな~って実感したすけさん!
・・・あれくらいで実感していたら身が持たないよ!!・・・って、喉まででかかったけど。

きな君は発達障害ではあるけど、自分や人を客観的に、冷静に評価できる・・・と、私は思っている。
何かが上手な子は手放しで誉めるし、苦手な子でも「アイツ、キライなんだけど歌はうまい。」とか、袈裟まで憎くなることもないし。
・・・ある一面ではわたしより大人!

いつかきな君が、自分の苦手に気づくときがある・・・と、見越して。
「人はみんな、得意なことと苦手なことがある。」
きな君にずーと言ってきた。
お母さんとお父さんなんて、苦手だらけ。でも、ちゃーんと、子どもを育ててお仕事してる!・・・ってね。

本当に苦手だらけなのが幸いしたのか・・・??
ほどほど母さんなのが良かったのか?

「もしかして、おれ発達障害!?」
きな君は、自分で自分に告知して・・・。
・・・そして、今までどおり自然体!
案外、大物??!!


スポンサーサイト
Secre

プロフィール

ぴょん

Author:ぴょん
発達障害ってなんだろう・・?
アスペルガー症候群の息子とその家族が、「発達障害のままで幸せに暮らす」「発達障害という特性を活かして自立する」を目標に、「今出来ること」をやりながら、楽しく暮らしています。母親として、家族の一員として感じたことを、のんびり綴ります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ご訪問者さま

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR