06
3
4
12
14
16
17
18
19
20
25
29
30
   

きな君三者面談!

昨日・・・無事に三者面談を受けられました。

面談を受けて、久々に見たきな君の自閉的な特性。
私の隣にきな君。そして私たち親子の正面に担任。
・・・だけど、きな君の顔は母のほうを向いている。
きな君・・・母をガン見!!・・・照れますな。
ああいう畏まった場所で、相手の顔をちゃんと見て受け答えるのは難しいらしい。

某有名予備校講師がテレビで「勉強の出来る子は姿勢が良い。」って言っているのを見たことがある。
日本にはまだまだそういう偏見が多くて、姿勢を正せないし相手の顔を見られないきな君にとって生きづらいだろうな。

面談ではきな君へのダメだしはなく、褒められっぱなしでした。
特に最近のきな君は良く頑張っていると、先生と母で意見が一致!
きな君は「わすれた。」とか言ってたけど(*´~`*)照れくさいのね。

学習に関しては、「もっと出来たと思うけど、ちょっとウッカリミスが多かった。」という評価。
うん、まったくもってその通り。これはちょっとずつ改善していくべき課題だね。

現在仮入部で頑張っているハンドボール部へは年始に本入部するというコトで、担任と顧問の間で話がついていた。
「科学部の退部届けとハンド部の入部届け二つの書類を書く必要があります。」
担任は分かりやすくお話しをしてくれる。

ひとつだけ聞いておきたい事を聞いてみた。
それは支援シートが来年度も有効なのかどうか??
「支援シートは3年間有効です。実は先日読み返してみて・・・お願いされたことをちゃんと出来ていないと反省しています。」
先生が出来ていないと考えていることは、「提出物をあらかじめ親に教えて欲しい。」というコト。
・・・うーん、それは先生がそう思ってくれているだけで充分ですね。
手は貸してくれなくても良い。ただ、やはり来年の担任も理解がある方にお願いしたい・・・とだけ伝えました。

先生からは3月にもう一度詳しくお話しをさせていただきたいと言われました。
来年度の準備を少しずつしなければな~・・・。




スポンサーサイト
Secre

プロフィール

ぴょん

Author:ぴょん
発達障害ってなんだろう・・?
アスペルガー症候群の息子とその家族が、「発達障害のままで幸せに暮らす」「発達障害という特性を活かして自立する」を目標に、「今出来ること」をやりながら、楽しく暮らしています。母親として、家族の一員として感じたことを、のんびり綴ります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ご訪問者さま

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR