05
4
5
6
7
9
14
15
16
19
21
25
27
28
29
30
31
   

勝手におススメ本・・・③

先日購入した本があまりにも良かったのでご紹介します。
「どうか忘れないでください、子どものことを。」佐々木正美著 ポプラ社。

この本の最後に、
「わたしがお母さんたちに、何を望むかと言ったらただひとつ、やさしさです。「わたしにしか出来ない」というプライドを持って優しくしてあげて欲しいと思います。・・・中略・・・ただひたすら、やさしさだけを与えてあげて欲しい。それだけで充分です。外で許されないことでも家庭では許してください。家庭とは、ほかのどこにもないほどに居心地のいい場所だ、ということだけを子どもに伝えてやれたら、それでいい。」
・・・と、ありました。
「人間として社会で幸福に生きていく力をつけるために親が出来るたったひとつのこと、そしていちばん大きいことが、常に許されてくつろげる「家庭」という場所を与えるてあげることです。それが生きていくための力になる。」・・・とも。

ありがたい事に、「少しくらいしつけがおろそかでも問題はない」とも書いてありましたよ。「ハンバーガーショップばかり行っていても良い。」とも・・・これは、家事の手を抜いても良いというコトでしょうか・・・つまりは子どもの方をちゃんと向いていれば、あとは大した問題ではないというコトかもしれませんね。

きな君が小さい頃、私は佐々木先生の言葉に救いを求めていました。
スペクトラムっ子相手に途方に暮れていてた私にとって、佐々木先生のシンプルな言葉は支えだったんです。
だって・・・しつけはおろか、出来て当然の事が何一つ出来ない、毎日毎日きな君を追いかけて一日が終わってた。シンプルじゃないと出来なかったんですね。

先生の言葉を命綱に子育てをして・・・スペクトラムっ子が一番大変な10歳までを過ぎて、そして今は中学で落ち着いた生活をしているきな君を見ると、先生の言葉は本当だったな~ってつくづく思うんです。
もちろん、子どもが望むことばかりなんて出来なかった。プライドを持った優しさなんてちょっとハードルが高すぎた。だって分かっちゃいるけど怒っちゃったり、無理強いしちゃったり、もはやどうして良いか分からなかったり・・・。子育てってそんなコトの連続ですよね。もちろん今でもそうですし。

でもね、悪戦苦闘しながら、時々でも「子どもが望むこと」や「やさしくすること」が出来ただけでも・・・子どもって育つんんですね。それが今の実感です。スペクトラムっ子だっただけに、過干渉しなかった、いや出来なかったのも功を奏したのかもしれないけど。

子どもが抱える問題って、本当にイロイロあるけど・・・根っこは同じだと思います。不足した無条件の「優しさ」や「暖かさ」を請求しているんだなって。子どもによって(優しさや暖かさを入れる)器が違うから同じ環境でも請求額は違うかもしれないけど、その子の器が「優しさ」や「暖かさ」で満たされれば、問題は解決していくのではないでしょうか。

スポンサーサイト
Secre

プロフィール

ぴょん

Author:ぴょん
発達障害ってなんだろう・・?
アスペルガー症候群の息子とその家族が、「発達障害のままで幸せに暮らす」「発達障害という特性を活かして自立する」を目標に、「今出来ること」をやりながら、楽しく暮らしています。母親として、家族の一員として感じたことを、のんびり綴ります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ご訪問者さま

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR