08
1
3
6
7
9
10
11
13
14
15
16
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

週末はおいしい??

きな君が苦手なものの中に、耳からの情報収集がある。

ペラペラ良く喋るし、アニメの歌とが覚える早さが尋常じゃないし、そうは見えないけど。
認知のテストをして、どうも耳からの情報をキャッチするのは苦手と判明した。
ちなみに聴覚は正常だけど、脳が認知できないってコト。

コミニケーションの苦手さもこの辺りからも来ているのかな?

興味のないことに関してはことさらキャッチできなくて・・・

同じコトを何度も注意されたり、人の話を聞かないと敬遠されてしまう。
さらに、人の顔や目を見て話を聞けないので、「コイツなんも聞いてねえ!」・・・と、思われてもいたしかたない。

→本当は人の顔や目をみると情報量が増えてしまい、なおさら耳から情報を得られなくなるので、あらぬ方向に視線を向けたり、爪や指をいじってみたりしている。

この辺りは周囲の理解を得るのも難しいよね。

それ以外にも、耳からの情報がごちゃ混ぜになってしまうこともある。

ある日の夕方・・・。
私がキッチンで夕食を作っていると・・・
「あ~おれ、秋刀魚が食べたい!」
きな君は青魚が大好き!

「焼き魚は焼きたてだと皮がパリパリでおいしいから、週末に食べよう!」
・・・・難しい顔のきな君。

「焼き魚は週末がおいしい??」
・・・はっ??・・・なにやら勘違いしているご様子。

「え~と、焼き魚はおいしいのは焼きたて。週末じゃないよ。」
「当たり前じゃん。じゃあ、なんで週末に焼くの?」

「平日だとお父さんは帰りが遅いから、焼きたてが食べれないでしょ。」
→別に焼けば良いのだけどね。。。面倒。

「な~んだ!おれ、お魚は週末になるとおいしくなるのかと思った。」
・・・どんなお魚だよ・・(汗)


はたまたある日の通級・・・。

「お母さん、今日通級行かないって言ってたよね?」
・・・(汗)
「今朝、行きたくないって言ったのはきな君だよ。お母さんじゃない。」
「そうだっけ?」
「そうだよ。」

自分が言ったことなのに相手が言ったことになってしまう。
そんな勘違いも良くある。
落ち着いて対応すれば、何の問題もないのだけど、相手が子どもで「お前が言ったんだろ!!」・・・なんて、語気を強められると、ケンカになる。

私達が普通に出来るコト・・・だけど、発達障害がある人にはとても難しい。
そして、発達障害がある人の難しさを理解することは、私達にはとても難しい。

きな君が生まれて10年、その難しさの全容が未だ見えず。
私にはね。

そうそう、週末のお魚・・・
魚焼きグリルの調子が悪くて・・・フライパンで焼いたので、週末でも皮はシナシナでいまいちでした。
やばいな~結婚13年。古株の家電達がお年を召して・・・。
週末どころか、お魚はしばらく中止です。










スポンサーサイト

No title

「風が吹くと桶屋が儲かる」式の論理の飛躍は誰だって説明がないと
解りにくいですよね。
でも、トシを取るうちに言葉の裏側が見えたり、二つ先が読めたりするようになります。まさに亀の甲よりトシの功です。

No title

佐々木先生の講演に行ったり、書籍で自分なりに知識を増やしたり・・まずは自分が長男や主人の対応を変えてみよう!と頑張った約一か月。
幼稚園の役員のいざこざや、忙しすぎる毎日の疲れもピークで、とうとう金曜日に爆発しちゃいました。

長男の学校の発表会の当日の朝で、何度も謝って長男を送り出したのですが、インフルエンザで休んでいた主人には、どうしても怒りをぶつけないと気が済まず、かなりキツイことを言ってしまいました。

二日たって、主人にもやっと誤って許してもらいましたが、知識だけを詰め込んだ状態で頭でっかちの今は、まだまだ大変ですね。
目に見えない障害は、対応する側の容量が大きくないと、受けとめられないなぁ・・と実感します。

ぴょんさんが、ここまできな君を理解してきたことをとても尊敬します。
私は、まずは自分磨きから再スタートです。

Yさん

私にもありましたよ。

いくら知識を詰め込んでもうまく行かない。

おそらく何ですけど、私がきな君に慣れたのと同じように、きな君も私という人間に慣れてくれたのかな?・・・って思います。
たぶん、きな君の中には「お母さん」というルールがあると思います。

Yさんはご主人の発達障害もあって、私よりハードルは高いと思います。
その中で奮闘している・・・コチラこそ尊敬です。


Nさん

きな君は曖昧なコトは時に分かりにくいですね。

でも、以前に比べれば分かるときもあるかな?

年の功・・・きな君にもやってくるはずです。

Secre

プロフィール

ぴょん

Author:ぴょん
発達障害ってなんだろう・・?
アスペルガー症候群の息子とその家族が、「発達障害のままで幸せに暮らす」「発達障害という特性を活かして自立する」を目標に、「今出来ること」をやりながら、楽しく暮らしています。母親として、家族の一員として感じたことを、のんびり綴ります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ご訪問者さま

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR