08
1
3
6
7
9
10
11
13
14
15
16
18
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

母子旅行・・・inはこね!

箱根へ旅行へ行ってきました~!
すけさんが仕事だったので、車ではなく電車で箱根へ!
ロマンスカーはすごく快適だし、スタンプラリーなんかもあって楽しさアップ!
登山列車や登山バスも普段は走らない山道を走るものだから子どもたち大興奮!!
座れなきゃ座れないで激しい揺れを楽しんでいましたよ(*≧∪≦)
特に一番坂!!立ちだったので転げ落ちそうになるところを必死でつかまって!!なんか達成感があったみたいo(≧ω≦)o
箱根は何度も行っているけどいつも車なので、はじめてのケーブルカーやロープウエイ!そして遊覧船!
箱根は観光地として完成しているのでアクセスが良くて、不自由さは全く感じない。

「車で行けなくて、きっと俺のありがたみが分かるはず。」・・・というすけさんのもくろみは見事にはずれΣ(゚д゚|||)
「電車のほうが楽しい!!ついにロープウエイ乗れた!」・・・byもっち!
とか、「お父さんにカラオケの音が外れているとか、食事のマナーとかうるさく言われなくて・・・なんか自由!」・・・byきな君!
とか、言いたい放題の子どもたち。親の気持ち子知らず、せつない(ω |||)
まあ、母は女湯を嫌がるもっちとか、プールとか、カラオケとか、すけさん当番のこともやる羽目になったから・・・ちょっとすけさんがいたほうが良いような気がしましたが。

せっかくの家族旅行なのでゲームは置いていくことに。
ゲームの変わりに「あやとり」を持っていくことにしました。
普段はゲームをしている子どもを怪訝な顔で見つめるお年寄りに大好評!
身を乗り出して、きな君ともっちの手元を見る方々!!
あんまり夢中になりすぎて手袋を落とされた方に、「落ちましたよ。」って拾ってあげたら・・・「自分の子どもの頃を思い出しちゃって、なつかしいわ。ありがとう。」って思わぬ交流が!
普段は兄と対等の気分でケンカばかりのもっちも・・・あやとりだけは兄に敵わない。「きな君、教えて。」・・・なんてほほえましい姿も見れちゃいました。

嫌がる子どもたちを説得して、母の行きたかったポーラ美術館にも行きました。
人もあまりいなくて、のんびりと見ることが出来て・・・。
走らず歩く。触らずに作品の対角線の2倍離れて見る。小さな声で話す。部屋を移動するときは3人揃うまで待つ。」・・・という、鑑賞のルールを決めたのも良かったみたい・・・って言うか、いきなりきな君がモネの絵に触ろうとしたから慌てて決めたのだけどΣ(゚д゚|||)もっちは雰囲気で言われなくてもルールが分かるけど、きな君はやはり言わないと分からないようです。触る前に止められたから結果オーライだけど、これは母のミスですね。
作品の対角線の2倍離れた場所は一番鑑賞に適した位置なんですよ。
子どもが楽しめる一番好きな作品の投票や、絵画を言葉で表現しようとか、イベントも用意されていて・・・。
きな君はボナールの「りんご摘み」、もっちはデュフィの「パリ」、母はユトリロの「ラ・ベル・ガブリエル」に投票をして来ました。
初めて行ったのだけど、ポーラ美術館のコレクション良かったですね~。

続きます。
スポンサーサイト
Secre

プロフィール

ぴょん

Author:ぴょん
発達障害ってなんだろう・・?
アスペルガー症候群の息子とその家族が、「発達障害のままで幸せに暮らす」「発達障害という特性を活かして自立する」を目標に、「今出来ること」をやりながら、楽しく暮らしています。母親として、家族の一員として感じたことを、のんびり綴ります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ご訪問者さま

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR