08
1
3
6
7
9
10
11
13
14
15
16
18
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

ケンカしないプランをみつけよう。

久々に午前中の予定がない母・・・の、
のんびりしたいという切実な気持ちを理解できない子どもたち。
些細なことでケンカケンカケンカ!!!
きな君は獣になりかけ、もっちはウソ泣き・・・当然母はイライラ!!

そこで・・・。
「どうすればケンカにならないか???具体的に検証してみよう!!」
自主的な自由研究p(*^-^*)qと銘打ち!・・・子どもたちのトーンの低さは置いておいて。
なぜケンカになるのか考えてみることで分かることも有るのでは??・・・とチャレンジ!
なんと!!意外と大きな発見有り!!
それは、きな君は基本的に全て相手が悪いと思っているので、相手が変わるプランしか出せない・・・というコト。うーん、いかにもスペクトラムっ子的!!

「もっちがもっと言うコトを聞く。もっちが嫌なことを言わない。もっちが・・・。」ってストップ!!

「きな君の気持ちは分かるけど、人を変えるのは無理だよ。人間が変われるのは自分で決めたときだけ。」
「だってさ、もっちが悪いんだから!!」
「お母さんから見たらお互い様だけどね。」
「ε=ε=((*`皿´*)ノ」・・・言葉もないらしいΣ(ω |||)

「ちょっと聞くけど・・・きな君に嫌なことをする人たちが、変わると思う?」
「思わない。」
「先生に注意されても、親に怒られても・・・未だにもめるじゃないの?」
「そうだね。うーん、そうだけど!!でもでも!!」
「あなただって人に言われて整理整頓できる?たくさん勉強できる?」
(。pω-。)・・・だめだ、反論できない。」
「だから・・・自分が出来るケンカしないプランを見つけないと。」

とは言っても難しいのは分かっている。そんなコトが出来れば苦労はしないよね。
やっぱりもっち側に求めてしまう。ここは・・・ゆっくりじっくりだなあ~。





スポンサーサイト

No title

そう、どうすればけんかしないで済むか?ですよね。
兄弟げんか、夫婦げんか、果ては国際問題まで・・・。
ステージは様々ながら、人間の持って生まれた業(ごう)というか。
新年早々、考えてしまいました。

Nさんへ

そうなんですよ。
争う因子は誰しも持っていて、でも持ちようなんですよね。
そうか・・・「しない」ではなく良い方向へ持っていくことが大切なのかもしれませんね。

Secre

プロフィール

ぴょん

Author:ぴょん
発達障害ってなんだろう・・?
アスペルガー症候群の息子とその家族が、「発達障害のままで幸せに暮らす」「発達障害という特性を活かして自立する」を目標に、「今出来ること」をやりながら、楽しく暮らしています。母親として、家族の一員として感じたことを、のんびり綴ります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ご訪問者さま

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR