11
2
4
8
10
12
13
17
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

お母さんのモチベーション!

きな君・・・小学校の時はなんだったんだ?って言うくらい平穏な生活を送っている。
当たり前だけど、全てが平穏で順調なわけではない。
とりわけきな君をイラつかせているのは、「姿勢」を指摘されること。

授業中はもちろん、集会などの場でも・・・何度も何度も注意される。
姿勢の乱れ=だらしなくてやる気がないって図式、なんとかならないのかな~。
最近では移動中や下校時などまで注意する先生が出てきて、帰宅時にイライラしていることも多い。
小学校のときに評価されていた「関心・意欲・態度」が軒並みC評価なのも、おそらくは姿勢の問題なんだろうな。
・・・ちなみに数学は唯一理解してくれている担任が教科担当なのでA評価。

特に姿勢にうるさくて、会うたびに注意しまくってくれる困った先生が担当の社会は・・・。
小テストの成績はクラスでダントツでトップ!・・・何しろ35回のテストで間違えたのはたったの1問だけ。期末テストも平均は超えていたけど、総合評価は2だった。
まあ、姿勢だけではなくて・・・字が汚いし、資料の管理は出来ないし、ハンデがいっぱいありすぎてそれを減点して行ったら2になっちゃったのかもしれないけど。それもこれも特性なんだけどね。

昨夜たまたま担任から電話があったので、「姿勢を保つことが難しい子もいると理解して欲しい。」と話してみた。
「ウチの子だけではなくて、きっと何人もいますよ。」とも。
「入学時に説明しておいたのですが、もう一度説明しておきます。」・・・by担任。
まあ、今の中学には焼け石に水だろうな。担任は頑張ってくれているけど、、、私だってきな君を育てていなければ「姿勢を保てない」ってなんだろう?やる気がないだけ?って思っちゃってただろうし。
→理解を得られないとき、かつての自分を思い出すと・・・仕方ないって思えるんだよね^^;
でも、焼け石に水だと思いつつ、なにかしらアクションを起こさないと変わらない!!

あすぽーとが掲げる活動理念のひとつ、
「社会における発達障害の認知と理解を広げるための活動」。
あすぽーと代表としての立場だと、コミニテイも講演会もそこそこ軌道に乗って賛同も得られているので、それがどんなに困難なことか感じ取りにくいけど・・・きな君のお母さんとしての立場だと切実な問題になる。

きな君がたくさん問題を持ち込んでくれることが、私のいろんなモチベーション!
そして、あすぽーとはわが子の為にいろんな場所で「認知と理解を広げる」活動をしているママたちが・・・ほっと出来る場所であり続けたいですね。

私もひとりのお母さんとしてがんばらないと!!




スポンサーサイト

No title

中学校の評価については、まだまだ認識の浅い考え方が跋扈していて情けないです。姿勢の問題しかり、歴史の問題も漢字でないと×という学校があります。「合理的配慮」の範囲だと思います。

Nさんへ

中学が特に谷間になっているコトは支援センターでも聞きました。S市は公立の小中学校は選べませんし、必然的に発達障害児が我慢することになると思います。また、おおきな問題が解決し始めて・・・より普通を求められる年齢なのかもしれませんね。

難しいです。

Secre

プロフィール

ぴょん

Author:ぴょん
発達障害ってなんだろう・・?
アスペルガー症候群の息子とその家族が、「発達障害のままで幸せに暮らす」「発達障害という特性を活かして自立する」を目標に、「今出来ること」をやりながら、楽しく暮らしています。母親として、家族の一員として感じたことを、のんびり綴ります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ご訪問者さま

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR