06
3
4
12
14
16
17
18
19
20
25
29
30
   

はーとコミニテイのおしらせ。

1月22日はあすぽーとのコミニテイです。
9:50~(9:30開場)
場所 : 大野北公民館 3階 中会議室
ゲスト: 大里先生(教員であり臨床学校心理士)




「ちょっと話したいことがあるんだけど。」・・・という、メールがときどき届く。

たいていはご近所のママ友で、子どもの発達に「?」が付くと・・・「ぴょんさんに話したい。」って連絡が来る。

診断があるママも、未診断のママも、認めたくない気持ちに揺れているママも、「誰かに話したい。」って気持ちは同じ。
私が信用できるとか、発達障害に詳しいとか、ではなくて・・・おそらくきな君を見て、「きな君のママなら分かってくれる。」と思ってくれるようだ。

先日も未診断で認めたいような認めたくないような・・・揺れているママからお茶のお誘いが。
私が見ても特性がとっても強い子なので、「たぶんそうだと思うよ。心配なら支援センターに行ってごらん。」と話す。言葉は濁さないけど無理強いもしない。人に言われて認められるほど、親の気持ちって単純じゃないしね。

こんなときいつも思うのだけど、私が何か出来るわけじゃない。
出来ることといえば、「そっか、そっか、それは心配だね。」
「ウチもそうだよ~。」・・・って、共感するくらい。

でも、話したいママも・・・私が何か出来るとは思っていないと思う。
共感しながら聞いてもらえれば充分なのだと思う。
人に話すことで、なんかすっきりして、自分の気持ちも整理できて、元気になる!
コミニテイと同じなんだなあ~。

コミニテイでゲストに質問するママも・・・。
「本当は聞く前から自分の中で結論がちゃんと出ているのでは?」って感じるときがある。
人ってその結論を誰かに認めてもらうことで、前に進めるのかもね。

月に1回だけど、コミニテイは「共感できてほっと出来る場所」であり続けたいと思います。
2月はお茶会を考えています。たくさん話してたくさん共感して・・・元気になりましょう!

スポンサーサイト
Secre

プロフィール

ぴょん

Author:ぴょん
発達障害ってなんだろう・・?
アスペルガー症候群の息子とその家族が、「発達障害のままで幸せに暮らす」「発達障害という特性を活かして自立する」を目標に、「今出来ること」をやりながら、楽しく暮らしています。母親として、家族の一員として感じたことを、のんびり綴ります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ご訪問者さま

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR