04
1
3
4
5
7
8
9
10
11
12
13
14
15
17
18
20
22
24
25
30
   

私も分かっていない。

今日は担任との面談。
保健室への避難のあときな君は落ち着いている様子。

担任の先生はとてもおおらかな人で、きな君の行動はあまり気にならないという。

来年のクラス編成で、気の合うお友達と同じクラスにして欲しいこと。
気の合わないお友達はたくさんいるので、学校におまかせしますってこと。
担任はきな君を理解できる方にして欲しいこと。
・・・・担任は校長に頼んだほうがはやいな。

学校にして欲しいことは?って問いには・・・。
「型っていうか枠っていうか、みんなと同じにしようとはめ込まないで欲しい。」
「突然出来るタイミングがあるので、それまで待っていて欲しい。」
「出来ないことを何度も言わないで欲しいし、何で出来ないなどと不毛なことは聞かないで欲しい。」

あとは・・・学校の様子を聞いたり、お家の様子を話したり・・・。

教科書を食べちゃったお話しは・・・。
「います!います!たまに食べちゃう子!なんか謎が解けました!」・・・と先生の疑問がはれたり。
学校生活については・・・。
「環境委員の子が整理整頓してくれると、ちょっと混乱するみたいですね。本人なりに整理がついているのかもしれません。」→うん、そういうトコロあるかも!
とか、
「提出物はすべて出しています。宿題の忘れもありません。昼休みや朝部活が終わった後などにやっていますね。」→ちょっと驚き!
とか、
「きな君の発想は自分のものですね。なんでそう思うの?って聞くと、たいていの子は誰かに習ったからって言うのだけど、きな君は今までの知識を総動員して自分のやり方を見つけるんですよ。学習は遅れを取っている部分はないと思います。」→たぶん数学だから^^;
とか、
「とにかく人の役に立ちたい気持ちが強いです。面倒な仕事を積極的に引き受けてくれます。疲れちゃわないかなって心配になるほどです。」→そうれはなんとなく理解できるっていうか、でも先生がそう評価してくれるのは本当にうれしい。
とか、意外に好評価!

なんか頑張っているんだな~。学校だけじゃなくて・・・私もまだまだきな君のこと分かっていないな~。
こんなに学校で頑張っているんだから、お家でだらけるのも無理はないのかもな~。

とりとめのないお話しだったけど、いろいろ考えさせられました。
スポンサーサイト
Secre

プロフィール

ぴょん

Author:ぴょん
発達障害ってなんだろう・・?
アスペルガー症候群の息子とその家族が、「発達障害のままで幸せに暮らす」「発達障害という特性を活かして自立する」を目標に、「今出来ること」をやりながら、楽しく暮らしています。母親として、家族の一員として感じたことを、のんびり綴ります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ご訪問者さま

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR