04
1
3
4
5
7
8
9
10
11
12
13
14
15
17
18
20
22
24
25
30
   

自分の意思で!

「さすがにもう、ケンカしてお母さんに迷惑をかける訳にいかないもんな。」
きな君がぽつりとつぶやいた。

「もう一回言って!!」・・・聞き間違えじゃないよね?

「殴りたいやつはいっぱいいるけど、お母さんに苦情の電話がくるかと思うと出来ないんだよね。
最近、体も大きくなったし、なんか力もついて来た気がするからさ、さすがにやばいかなって。」

きな君がお友達に手を出したって連絡が来ても、私はとがめたり責めたりしたことはない。
普段ガミガミおばばだけど、手が出たときはすでにいっぱいいっぱいだから受け止めてあげることにしていた。

それに基本的になんでもそうだけど、親にガミガミ言われて出来るって・・・出来るうちに入らないのよね。まあ、毎日ガミガミ言ってるけどね。全てに寛容になれないから、ピンポイントで受け止めるようにしてる^^;
わかっちゃいるけど止められない・・・大人がそうなんだから子どもが出来なくても仕方ないよね。

学校に行きなさいって言われなくても自分の意思で行ってほしいし、手を出してはいけないって言われなくても自分の意思で出さなくなってほしい・・・いや、そうでないと意味がないって自分に言い聞かせつつ、そうなる日を待っていた。

さすがに他害は、「病院へ行くような怪我をさせたら、お母さんと一緒に謝りに行く。」と釘は刺しておいたけど。
殴りたいほど嫌いなヤツに頭を下げたくないって気持ちは、やりすぎを止めるストッパーになってくれていたようだ。
でも、ようやく・・・「お母さんに謝らせたくない。」ってところまで来た。

なんと他害が始まって7年・・・長かったけど、待って良かった。
まだ、我慢できなくて出ちゃうかもしれないけど、今の気持ちはウソじゃない。
登校渋りも今年は休んじゃったけど、確実に減ってきている。

まだまだ自分の意思で出来るようになる道は遠いかもしれないけど。

いますぐ出来なくてもいい。ゆっくり大人になって行ってくれれば。



スポンサーサイト

No title

ぴょんさんはきなくんに向けて、いつも耳を澄ましているのですね。
見習いたいです。

Nさんへ

まだまだ澄ましきれてないですよ^^;
耳を澄ます・・・のもそうですが、出来るようになるのを待つように・・・これもまだまだですが、心がけています。

自分で決めるって大事ですよね。
うちの長男が最近また家で荒れていて。
5年生だし、卒業式の練習が始まっているだろうから、少し話を聞いてみると、
俺たちは、6年生と先生たちのためにやってやってるのに、先生たちは、「やれ」って言うんだよ。やってやるんだから、「やってくれる?」とか「お願いします」って言うんだったら気持ちよくやってやるのに、「やれ」って言うんだよ。
ですって(^_^;)
しかも、それを言ったら怒られるから、俺だって黙ってやってるんだよ、俺だって空気読んでるんだよ。
ですって(^_^;)
まずは、何のために、なぜやるのか説明を加えてくれたら、やる気が違うみたいですよ。

Yさんへ

息子さんの姿・・・目に浮かぶわ。
分かりますよ~。大人とか子どもとか、自分の立場とか関係ない子たちだから。
それに、何のためって見通しは大事ですよね。

でも、それは正解だと思うんですよ。
だって、親子でも、先生と生徒でも、人間と人間だから。

わたしもつい、親の威圧感を出してしまうけど、人間として向き合いたいって・・・目標ですよね。

Secre

プロフィール

ぴょん

Author:ぴょん
発達障害ってなんだろう・・?
アスペルガー症候群の息子とその家族が、「発達障害のままで幸せに暮らす」「発達障害という特性を活かして自立する」を目標に、「今出来ること」をやりながら、楽しく暮らしています。母親として、家族の一員として感じたことを、のんびり綴ります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ご訪問者さま

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR