10
4
5
9
10
11
12
14
15
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

理解しようとする気持ち。

新しい記事が更新されました→9年続いた登校しぶり。ようやく辿り着いた「親だから出来ること。」
入園から「行きたくない」と付き合うこと9年!
ようやく辿り着いたって大げさだけど(タイトルは編集者がつけたので)、きな君ではなく親である私の気持ちや考えの変化にスポットを当てて書いてみました。

今日はもっちの学習発表会&懇談会!
もっちも一生懸命歌って演奏して・・・あと、フラフープを披露していました。

もっちのクラスに聴覚過敏の子がいて・・・学期の演奏はなんとか頑張れるけど、合唱はつらそうだった。
「耳栓はしてるのだけど。」ママがそういっていたけど、あまり効果はないみたい。

下を向いて耳をふざぐ彼の姿が痛々しくて・・・。
なんか自分も痛いよ~( ノД`)
でも、最後までフェードアウトすることなく、その場に立って頑張っていた。
頑張っていたけど、、、やっぱり疑問!
こんなに我慢してまで参加する必要はあるのだろうか?
ママは「その場にいなくていいという選択肢」を学校に提案したみたいだけど、
やっぱり、学校にとって「全員でやる」事が大事なのかな~。
大事だよね~・・・。私もなるべくならみんな揃って出来たほうがいいと思うし。
全員でやることを大切にしつつ、だれかが我慢をしなくても済むような、学習発表会を実現できるといいのだけどね。

まあ、みんなに合わせるとやることも限られてしまったり、教育の場では難しいのかも。
いろいろ難しいかもしれないけど、彼の痛みを理解する気持ちはあってほしいな。

いろんな立場の人をつなぐのは、痛みを理解する気持ちだから。


スポンサーサイト
Secre

プロフィール

ぴょん

Author:ぴょん
発達障害ってなんだろう・・?
アスペルガー症候群の息子とその家族が、「発達障害のままで幸せに暮らす」「発達障害という特性を活かして自立する」を目標に、「今出来ること」をやりながら、楽しく暮らしています。母親として、家族の一員として感じたことを、のんびり綴ります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ご訪問者さま

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR