08
1
3
6
7
9
10
11
13
14
15
16
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

勉強をしないのも調整です。

「おれさ、最近数学の授業が楽しくて仕方ないんだよね!!」
一見、とっても勉強が好きな子どもに聞こえてしまうが・・・。

母の素朴な疑問???
「でもさ、そんなに数学が好きなのに、家では全く勉強しないよね?」

するときな君の素朴な疑問???
「学校で勉強しているのになんでわざわざ勉強しないといけないのさ??」

親子でスゴイ温度差!

「いや、苦手なものならともかく、好きなんだから家でもやればいいじゃない?」
→本当は苦手なものもやって欲しいが、せめて得意なもので自主学習の習慣がつけばいいのに!

「家でまで勉強なんかしたら飽きるじゃん!
おれは、せめて数学だけは飽きないように調整しているんだよ。」

なんかもっともらしい言い訳で丸め込まれそうな。

最近、ものの言い方がぐーっと大人びて来た。
対等に物を言えるようになって、やっぱり考え方とか捉え方とか全く持って違うんだなって、アスペ君の不思議を感じることも多い。
年齢が上がって思春期を迎えても・・・主観が強い考え方は変わらないのね。
とにかく自分がどう感じて、どう思うか、、、が大事!!
よく言えば周囲に振り回されないが、その分周囲に取り残される可能性大!
まあでも、いいのかな。だって、周囲と同じを望んでいなさそうだから。

なんかね・・・自分の主観できな君を計ろうとして結局は無駄に終わることばかり。
っていうか、だいぶ壊されたとはいえ・・・母の常識の枠に収まらないのね。
きな君を心から理解するためには、どれくらい壊れないとダメなのかしらΣ(ω |||)
スポンサーサイト
Secre

プロフィール

ぴょん

Author:ぴょん
発達障害ってなんだろう・・?
アスペルガー症候群の息子とその家族が、「発達障害のままで幸せに暮らす」「発達障害という特性を活かして自立する」を目標に、「今出来ること」をやりながら、楽しく暮らしています。母親として、家族の一員として感じたことを、のんびり綴ります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ご訪問者さま

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR