04
1
3
4
5
7
8
9
10
11
12
13
14
15
17
18
20
22
24
25
30
   

佐々木先生のコラム!

佐々木正美先生のコラムをとても楽しみにしています。
今月更新された(→コラムの中で、
「休み時間と放課後の落ちこぼれをなくして欲しい」・・・と、ありました。
仲間と自由に楽しくコミニケーションをすること、それをなくして、
いくら勉強や課題をクリアしても、とってつけたような実体のないもの。

鋭くて厳しい指摘です。そして、身をもって実感しています。
コミニケーション能力とトラブルや問題行動は反比例しているんじゃないか?
・・・・とさえ、思います。

きな君はまさしく、「休み時間と放課後のおちこぼれ」でした。
仲間と自由にコミニケーションを楽しむどころか、トラブルや問題行動ばかり。
心からコミニケーションを楽しむきな君を見られるようになったのは最近のこと。
それとともに問題行動やトラブルも激減しています。

逆にもっちは、休み時間と放課後は優等生!
放課後、遊びに行かないことはまずありません。
自転車には乗れないし、戦隊ものはキライだし、ゲームもあんまり持っていない。
でも、それらが問題になって遊べないってコトはないんですよね!?
もっち、仲間と自由にコミニケーションを楽しむことだけは、合格点です。
先生からは、「やることが遅い」とか、「勉強が遅れそう」とか、「ケアレスミスが多い」とか、実に的を得たもっちの欠点を指摘されるけど、全く気にならないのは、この「お友達と遊ぶ才能」に恵まれているからかもしれません。

そう、スペクトラムっ子ママからすれば、「お友達と遊べる」って、東大に入るとか、全国大会で入賞するとかと同じ才能に見えるんですね。当たり前の事が当たり前に出きる、周囲は評価しないけど、それって生まれ持ったものすごい才能!

当たり前すぎてみんな無関心だったことが、最近当たり前に出来なくなってきている。
先生はそのことをとても危惧されているのだと思います。
もう、無関心ではいられないところまで来ているのかも知れません。

ぜひ、読んでいただきたいコラムです。




スポンサーサイト
Secre

プロフィール

ぴょん

Author:ぴょん
発達障害ってなんだろう・・?
アスペルガー症候群の息子とその家族が、「発達障害のままで幸せに暮らす」「発達障害という特性を活かして自立する」を目標に、「今出来ること」をやりながら、楽しく暮らしています。母親として、家族の一員として感じたことを、のんびり綴ります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ご訪問者さま

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR