11
2
4
8
10
12
13
17
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

もっち、遂に自転車デビュー!

もっちが遂に遂に遂に・・・!!
補助なしの自転車に乗りたいって言い出しました!!

来年、自転車に乗っての講習があるので、間にあいそう?!
・・・と、思ったら。

やっぱりビビリなのは変わらない。
でも、体操教室で習い事デビューしてから、ちょっと自分に自信がついたのかな?
熱心に練習しています。

子どもを育てていると、這えば立て・・・じゃないけど、
もっともっとって、成長を待ちきれないことがよくある。

きな君には当然待ちきれないことばかりだったけど、
実はもっちも待ちきれないことが多々あって・・・。

トイレトレーニングもそうだし、自転車もそうだし、気分が乗らなくて幼稚園を休むこともそうだし、習い事は泣いて拒否するし・・・。
もっちは常にマイペースで、自分が「やろう」と、思わないと、
ぜったいにやらないけっこう頑固なタイプ!

待っているときってやきもきするんだけど、
待たせる子って、意外と能動的!
だって、やりたいことしかやらないんだもん。

さんざんやきもきした挙句、いつも思い知らされます。
子育てで一番大切で一番難しいことって待つことなんだな~って。

スポンサーサイト

No title

「待つ」ことと「妥協する」ことの境界線はどこにあると思いますか?
一定の時間内で結果を求めらることってないですか?

Nさんへ

基本的に待つことと妥協することは別のカテゴリーな気がします。

小さいときに待たせた子が、大きくなっても待たせる子なわけでもないと思いますよ。また待たせた挙句妥協するわけでもないと思います。子どもはちゃんとモチベーションを持っているもの。妥協は待ちきれない大人側にあるのだと思います。

待つって、言葉を変えると「出来ないことを認める」ことだと思います。

受験など一定の時間内に結果を求められることはありますが、待たずに大人が介入しても、結果が出るかどうか分かりません。
同じ失敗ならば、自分の責任で失敗したほうが良いと思いますよ。子どもの失敗は取り返せますから。


Secre

プロフィール

ぴょん

Author:ぴょん
発達障害ってなんだろう・・?
アスペルガー症候群の息子とその家族が、「発達障害のままで幸せに暮らす」「発達障害という特性を活かして自立する」を目標に、「今出来ること」をやりながら、楽しく暮らしています。母親として、家族の一員として感じたことを、のんびり綴ります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ご訪問者さま

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR