10
4
5
9
10
11
12
14
15
17
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

放課後デイ懇談会

ちょっとまとめるのが難しいお話し・・・分かりにくかったらごめんなさい。

今日は放課後デイの懇談会がありました。
議題の中心は、認可児童デイに移行するにあたり、保護者がしなければならない手続きについて。

市の認可が下りる事で、私達保護者の金銭的な負担はぐっと下がるし、ウエルカムなコトなんだけど・・・。
もう少し手続きしやすくしてもらえると、ほんと助かるのに。

実は前回の懇談会でこの議題が出て、私もだけどみんな一生懸命手続きをしようとした・・・けど、
情報が錯綜しすぎていて、色んな機関をたらいまわし・・・。
あげく良く分からない・・・。
しかも、同じS市なのに区によって手続きの難易度が違うって・・・なんだそれ??

今回は、もう少し整理された情報が回ってきて・・・。
とりあえず私は市の機関に申請の電話をかけて必要書類を聞く→病院を予約して診断書をもらう→市の機関に予約をとり受給者証を申請する→放課後デイで予約をとり契約を結ぶ・・・これを今年度いっぱいにやる。

やるしかないね!今度はスムーズに行きますように!!
保護者からは、手続きがうまく行かないもどかしさが、意見として多く出た。

その後は、放課後デイの方向性などのお話があって。
1つは、きな君の通う放課後デイのTSSTってなんだろう・・・詳しく話すと長くなるけど、一言で言うなら「どっちがお得なのか、考えること。」
ペアトレの考え方もそうだけど、どんなメリットがあるかで入り方が違うファンタジスタたち!
そのメリットが、最初はお菓子やゲームの時間でも、最終的には達成感や誇りになっていかなくてはならない。
損得だけで動くのはどうか??なんてモラルは彼らには通用しない。その損得にどんな意味を持たせるかは大人次第なんだろうね。
ちなみにきな君は、小さなメリットでは動けなくなってきた。(小さなメリットってお菓子とかゲーム。だってさ、そんなに頑張らなくても得られるって気づいちゃったから。)
でも、その分誉められたり、達成することを大切にするようになって来て・・・まあ、ふらふら色んなところへ寄り道するから分かりにくいのだけど、小言をぐっと我慢して、よーく観察していると・・お~ここにたどり着くのか!?ってコトがある。


もう1つは「ストレスにならない訓練」という考え方。
フリースクールでは、心を解放することが目的とされがち。
間違ってはいないけど・・・不登校になった子どもがどこで社会に戻るのか?
同じコトを起させないためにはどうしたらよいのか?

4年生から6年生は、社会性を育てる大切な期間。
ここで引きこもってしまうと、要求は出来るのに、相手を受容するという社会性を身につけることが難しくなる。
そこで、ストレスのない訓練が必要になってくる。ストレスのある訓練は何の役にもたたない。嫌気が差すだけ。
どうストレスを与えないか・・・それは常に認められ、受け止められ、重要視される。その中で気づきをあたえてあげる。そういった訓練を行いつつ、社会に戻していくこと・・・それがフリースクールの役割ではないか。
つまり、今までの居場所的なところから、学校と居場所の間くらいの位置づけにしていきたい・・・とのこと。
まずは居場所を作ろう。心を解放しよう・・・それは間違ってはいない。でも、ちゃんと解放されて癒されたあとのケアを言っているのだと思う。
そして中途半端な位置づけでは子ども達が困るのだと思う。

きな君は今、社会性を育てる大切な年齢に入っているわけだ。
でも、きな君を見ていると社会性がぐーんとのびる時期でもありそう。
この期間を大切にするためにも、来年のクラス編成や担任が・・・と、つい親心で思ってしまう。

まあ、おうちでも認めて、受け止めて、重要視してあげなくちゃならないことは言うまでもないけど・・・(汗)・・・
ここが一番ハードル高いよ!・・・もはや壁のような高さです。

スポンサーサイト

No title

難しいですね。
理屈は解るし、方法も例があれば「ああ~そういうこと」って少しは解る。
でも、「その子」に合った方法は、試してみないとわからない。
その間、間違った方法は結局、試す側も試される側もストレス・・・。
こういうことって、専門家の先生たちは、すぐに答えを出せるのかな?
ぴょんさんの今回の7手続きにしても、もう少し、親を助けてくれる場がないと、疲れてしまうね。

No title

難しいですよね~。

発達障害だけでなく、育児もそうだけど、答えがいくつもあるっているか・・・大げさに言うと子供の数だけあるっていうか・・・。

まして発達障害に関しては、お試し段階を抜け切れていないっていうか・・・。

でも、自分の子どもをよーく観察すると見えてきますよね。
その子に合ったツボが!!
まあ、わたしもきな君はずいぶん見えてきたけど、もっちでは苦戦中!
見つけるのは簡単ではないと思うけど。

専門家と名乗るからには、ツボさがし名人であってほしいですよね!

Secre

プロフィール

ぴょん

Author:ぴょん
発達障害ってなんだろう・・?
アスペルガー症候群の息子とその家族が、「発達障害のままで幸せに暮らす」「発達障害という特性を活かして自立する」を目標に、「今出来ること」をやりながら、楽しく暮らしています。母親として、家族の一員として感じたことを、のんびり綴ります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ご訪問者さま

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR