09
1
4
6
7
8
10
12
13
14
17
18
19
20
23
24
25
26
27
28
29
30
   

新しい記事が公開されました。

発達ナビに新しい記事が公開されました。
自己肯定感のお話しです。
子どもの自己肯定感を上げるために必要なものって?!
・・・そんな記事になっています。

生徒総会が終わり・・・。
きな君は「2時間体育座りなんて、正気の沙汰じゃない!」と、
憤慨して帰宅!
残念ながら、来年もう1回あるよ(。pω-。)
せめて発言者に選ばれないといいね。

そして、全国学力テストの結果が!!
今年はまあまあ・・・かな?
塾へ行くよりやはり母と勉強したほうが効率が良いのかな~。
塾へ行っていた昨年より、今年のほうが5科目平均で18も偏差値上がってる。
(まあ、国語はまたもや惨敗っていうか、古文と漢字がゼロ点だもん!)

3月から初めて、3ヶ月・・・1年の勉強をなんとか取り戻したかな~。
取り戻せていない漢字と古文は何とかしなくちゃだけど。

だってさ、母と勉強と言っても、平均すると一日30分していないような・・・。
それに、書くのがキライだから、英語はひたすら音読、理科社会は参考書を読む・・・って、ゆるーい学習が中心。単語の練習と、国語の問題集、くらいしか書いていない。得意な数学はもはや家庭学習はしない^^;っていうか、得意科目まで面倒やる時間ないしね~。

ほんと、継続は力なり!

中学の勉強は難しくて、母は教えられないのだけど、きな君のことをよく知っているからかな。
スペクトラムっ子は本当に理解者の下でないと力を発揮できないのね~。
とにかく集中力が切れたら、勉強の世界へ戻すのが母の役割。
しょっちゅう切れるので、張り付いてないとダメなのが難点だけど。

本人も本当に嬉しそうで・・・でもさ、ちょっと努力して出来た!
って感覚は即忘れるんだよね~。ラクしたい根性は変わらない。

問題はもうひとつあって。
試験中は普段と違いすぎて集中が出来ない・・・らしい。
困ったモンだよね~。
しーんとしているのがダメみたいなんだよね。
簡単な問題ほど、ウッカリが目立つ。
これは模試でも受けて慣れるしかないのかな~。





スポンサーサイト

No title

自己肯定感の記事、読みました。私に一番欠けているところです。母親である私が、もっと自分に寛容であることが大切ですね。少し、気持ちがラクになりました。有難うございました。感謝しております。

栗まんじゅうさんへ

コメントありがとうございます。
また、記事も読んでくれたとのこと、重ねてありがとう。

私は、発達障害児を育てて一番の収穫は、自分に寛容になれたことです。自分に寛容だと、周囲にも寛容になれて・・・人間関係も円滑になっているような気がします。

お互い、まずは自分を認めてあげましょうね!

Secre

プロフィール

ぴょん

Author:ぴょん
発達障害ってなんだろう・・?
アスペルガー症候群の息子とその家族が、「発達障害のままで幸せに暮らす」「発達障害という特性を活かして自立する」を目標に、「今出来ること」をやりながら、楽しく暮らしています。母親として、家族の一員として感じたことを、のんびり綴ります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ご訪問者さま

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR