11
2
4
8
10
12
13
17
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

発達障害者支援法が改正されました。

先月、発達障害者支援法が改正されました。
有名人スキャンダルなどの陰にかくれて、ほとんど報道もなくひっそりと施行されました。

10年前、発達障害者支援法が施行され、はじめて発達障害は支援すべき対象とされました。
実はそれまで、発達障害者への支援は、知的障害者の一部としてしか支援の対象ではなかったのです。つまり、高機能自閉症はじめ、学習障害、ADHDなど知的障害を伴わない発達障害者は、支援の対象外だったわけです。

*知的障害の有無によって区別するため、知的障害を伴わない発達障害は軽度発達障害と呼ばれていました。軽度とつくことで障害が軽いと誤認されやすかったため、2007年文科省より「軽度発達障害」という言葉を原則使わない通達が出され、知的障害の有無に関わらず「発達障害」と呼ばれるようになりました。

もちろん、個別に学校や職場で、配慮を得られる例はあったかもしれませんが、おそらく「発達障害」という言葉も聞いた事がない人が大半を占めていたわけです。もちろん私も。
少なくとも、この法律のお陰で、「発達障害」という言葉の認知は飛躍的に広がりました。以前に比べれば支援や配慮を受けやすくなったことは間違いがないと思います。あくまで以前に比べれば・・・ですが。

今回の改正で一番のポイントは、「発達障害者への支援は社会的障壁を除去するために行う」という基本理念が追加されたことでしょう。
社会的障壁を取り除く、なんて言葉は難しいですが、日ごろ私たち保護者が行っている「環境調整」のことです。1960年代にアメリカノースカロライナで生まれた、TEACCHの普及でもあると思います。実にノースカロライナに遅れること50年、日本ではとりあえず法律で環境調整で発達障害者を支援するのは社会の責任だ・・・と、いうところまで来ました。

他にも、乳幼児から高齢者まで切れ目のない支援とか、司法手続き、就労定着支援、教育現場での個別支援計画の作成、支援センターの増設、県や政令市に関係機関による協議会の設置などの改正点があります。

いつもそうですが、法律が出来ても、その法律を意味のあるものに出きるがどうかは、そこに住む人間の問題です。おそらく法律が改正されたことさえ、発達障害の当事者や保護者でも知らない人が多いでしょう。

どやって高齢まで切れ目無く支援するのか?就労定着支援はどうすれば受けられるのか?私の住むS市も政令市ですが協議会はどんな形で設置されているのか?まったく見えてきません。
おそらく、普通級で学ぶきな君の個別支援計画を作る話なんて、ほうって置いたら卒業まで出ないでしょうね。

ある大学で、発達障害者である学生に個別に適したプログラムを作るという、プロジェクトがあります。大変すばらしい取り組みですが、毎月2万円も学費に上乗せしなければなりません。4年で96万円もかかります。社会的障壁を除去するのは社会の義務としながら、発達障害者が、自分に適した環境を用意するにはお金がかかる、なんておかしな話だと思いませんか?このあたりも国や自治体で負担が望ましいですが、せめて受給者証の範囲で受けれるようにするなど、具体的な取り組みが必要だと思います。

障害者差別解消法による合理的配慮もそうですが、法律に意味を持たせるのはおそらく私たち保護者や当事者の地道な活動にかかっていると思います。
あすぽーとでは、9月のコミニテイでは合理的配慮の勉強会を、そして10月には地域に根ざした支援に関する講演会を開きます。

分かりにくい箇所があれば、またちょっと違うなどご意見があればお気軽にコメント入れてくださいね。

スポンサーサイト

No title

さすが、ぴょんさん。勉強になりました。
発達障がい者支援法は、党を超えて全会一致で成立したそうですね。
議連メンバーの中には自らのお子さんや縁者が当事者だったり・・・。
これからも改正が重ねられると思いますが、人間の血が通う法律だと信じます。

Nさんへ

そうですね。
超党派で取り組み、全会一致で成立しました。

せっかく改正されたので、ぜひ多くの人に知って欲しいと思います。

Secre

プロフィール

ぴょん

Author:ぴょん
発達障害ってなんだろう・・?
アスペルガー症候群の息子とその家族が、「発達障害のままで幸せに暮らす」「発達障害という特性を活かして自立する」を目標に、「今出来ること」をやりながら、楽しく暮らしています。母親として、家族の一員として感じたことを、のんびり綴ります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ご訪問者さま

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR