08
1
3
6
7
9
10
11
13
14
15
16
18
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

過保護と過干渉の違い。

発達ナビに新しい記事が公開されました。

過保護だと思っていることが実は過干渉だったという例は、きっと多いと思います。
佐々木正美先生は、
「過保護で子どもがダメになった例は見た事がない」と言われ、「過保護はいくら過保護にしても良い」と過保護に太鼓判を押されています。
「過保護にしすぎて問題が起きた!」という例はもれなく、過保護だと思っていた事が実は過干渉だった・・・とも言われています。

このコラムでは過保護と過干渉の境界線について、そして充分依存(過保護)させてもらった子どもが最終的に望むものについて、私の考えをまとめてあります。

まあ、偉そうに言ってますが、私もなかなか充分過保護に出来ません。
自分の感情をコントロールできなくて、過干渉になってしまうことも少なくない・・・っていうか、多いというかΣ(ω |||)
それなのに!!!
不思議なんだけど、やってあげるばかりだと思っていた過保護。
最近、子どもたちも私に過保護だな~って、思います。
やってあげたことはちゃんとリターンしてくるんだな~。



スポンサーサイト

No title

発達ナビ、とても参考になりました。
過干渉って、その子をサポートしようと思ってやることのようだけど、
詰まるところ自己満足なのかも。最近、反省することがありました。

Nさんへ

ありがとうございます。
Nさんでもそんなことがあるのですね。
なにが本当に相手のためなのか?
それって、どんな人間関係でも、大切なことなのかもしれませんね。

過保護って、その子の持つ潜在能力を信じる力が必要なのかもしれません。

No title

発達ナビ拝見しました。気持ちが楽になりました。手を出しすぎかな、口出しすぎかなといつも自問自答しておりました。過保護と過干渉、紙一重ですね。過干渉にならぬよう息子の成長をサポートしていきたいと思います。

栗まんじゅうさんへ

ありがとうございます。

栗まんじゅうさんのおっしゃる通り、過保護と過干渉は紙一重!
だからこそ、自分を振り返ることや、子どもの気持ちに寄り添う事が大切ですね。

私も気を抜くとすぐに過干渉になってしまうので、栗まんじゅうさんと同じく、過干渉にならないように成長をサポートしていきたいと思います。

ご一緒にがんばりましょう!

Secre

プロフィール

ぴょん

Author:ぴょん
発達障害ってなんだろう・・?
アスペルガー症候群の息子とその家族が、「発達障害のままで幸せに暮らす」「発達障害という特性を活かして自立する」を目標に、「今出来ること」をやりながら、楽しく暮らしています。母親として、家族の一員として感じたことを、のんびり綴ります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ご訪問者さま

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR