08
1
3
6
7
9
10
11
13
14
15
16
18
19
21
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

アスペルガーという視点で見ると。

発達ナビに新しい記事が公開されました。

何度かブログでも書いていますが、
母はおそらくきな君と同じ、ADHDを伴うアスペルガー症候群。
私の経験から言うと、発達障害児を育てるより育てられるほうが大変です。

母は子どもに対して、自分の思い通りにならないと大変でした。
自分のこだわりが無い部分に関しては、放任で無関心。
発達障害児を育てている方なら分かると思いますが、その境界線は極端で、ほどほどがありません。

よく親になってみると、親のありがたみが分かると言いますが、
私の場合はより理解できなくなりました。

ただ、親ではなく彼女はアスペルガー・・・という視点から見ると、理解できることがある。
と、そんな記事になっています。

発達障害を持つ人とと暮らすことで、精神的に影響が出ることをカサンドラ症候群と言います。
主に、配偶者との関係を維持できなくなるケースのことを指しますが、どんな間柄であってもありうることだと思います。

興味があれば、ぜひお読みください。

スポンサーサイト

No title

まさに、私はカサンドラ症候群です。夫がアスペルガー症候群だと思います。私や私の家族、夫の家族がどれだけ振り回されたか。ぴょんさんのお気持ち本当に良く分かります。ここ数年、大人の発達障害が認知されるようになってから、私も意識が変わり、受け入れることで、心にストンと落ちました。周りにも障害であることを話し、理解してもらい、関係はうまくいっているように思います。夫と息子、たまに心が折れそうになりますが、共に生きていきたいと思います。

栗まんじゅうさんへ

栗まんじゅうさんもそうですか。
ご主人だと、なおさら大変ですね。

意識の変化・・・大事ですよね。
ほんの少し理解を示すだけで、お互いに楽になります。

本当に・・・心が折れそうになりますよ!!
でも、ゆるく長く、頑張りましょうね!!

No title

発達ナビを読ませていただきました。
かつて、母を讃える歌「母よ」をどうしても歌えない、共感できないという友がいました。
今思うと、彼女は深く、カサンドラ症候群に病んでいたのでしょうか。
それでも思うことがあります。母にどういう障がいがあったとしても、
母性という本来の、普遍的な一面があるに違いなく、きっとそれは無条件に子としてのわが身を、心の奥底では委ねられるものではないかと・・・。

コメントありがとうございます。
Nさんの投げかけ・・・いつも深くて考えさせられます。

Secre

プロフィール

ぴょん

Author:ぴょん
発達障害ってなんだろう・・?
アスペルガー症候群の息子とその家族が、「発達障害のままで幸せに暮らす」「発達障害という特性を活かして自立する」を目標に、「今出来ること」をやりながら、楽しく暮らしています。母親として、家族の一員として感じたことを、のんびり綴ります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ご訪問者さま

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR