02
1
2
3
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
   

今年のびっくり大賞!!

数ヶ月前に彼女を連れて来たきな君。
今年一番のびっくりでした。

そして、今年2番のびっくり!
「ちょっと相談していい?」
もちろん!なにかな?

「彼女といつ繁殖行為をしたらいいの?」
母にする質問じゃないだろう??ってびっくり!!
しかも、繁殖行為って・・・生物学的というかなんというか^^;

「みんなが(周囲の同級生)いつだって聞くんだよ。」
なるほど・・・それでいつだろう??って思ったわけね。
*・・・普通はそんな雑音は聞き流すんだろうけどΣ(ω |||)

「そういうこと。お母さんはどう思う?」
具体的にいつとは答えられないよ。
責任を取れるのが条件の一つだとは思うけど。

「責任って?」
避妊は失敗するリスクがゼロじゃない。
もし子どもが出来たらどうする?

「僕がめっちゃ怒られる?」
君が怒られてすむならたいしたことじゃないね!
そんな簡単な問題じゃないよ。
中絶するか、覚悟を決めて出産するかしかないよ。
つまり赤ちゃんを殺すか生かすかの二択しかないんだよね。

「表現がグロくて怖い。」
だって本当のことだもん。
それに、1000人にひとりと言われているダウン症の赤ちゃんは、
40歳以上と10代出産は20~30代に比べてリスクが7~10倍と言われてる。
妊娠中毒症や合併症の母体リスクだって高いんだよ。

子どもを育てるのはお金もかかるよ。
誰が稼ぐの?学校はどうするの?
学校をやめて働くという手もあるけど、学歴が低いと就ける職業も限られるし、
生涯収入も低いくて、貧困層に陥りやすい。

繁殖行為にはそういう事態になるかもしれない覚悟が必要ってことだよ。
そうやって考えるといつだと思う?

「20歳以降、就職してから?」
君がそう思うなら、それが正解だと思うよ^^

偶然うまくまとまったけど、ほんとびっくりした~Σ(゚д゚|||)

きな君のロマン!

最近、希少価値コイン探しに熱心なきな君。

ほんと勉強もせずなにしているんだろ・・・。

事の始まりは古いタイプの500円玉を見つけたこと。

これはもしかしたら500円以上で売れるのではないか?
と考えた事がはじまり。

結局、古い500円玉も1パーセントほど流通していて、
そんなに珍しくなかったのだけど・・・。

*月末で金欠なのに、大事に取っておいた500円玉は、
未使用でも500円の価値しかなかった^^;

発行枚数が少ない年のものは、高く売れることを知り・・・。

家中のコインを調べ始めている。

こうなると止まらない!
コインが好きで収集しているわけじゃない。
額面以上の価値があるところに興奮しているようだ。

きなくんのお目当ては、一枚400円になる一円玉と
一枚800円になる5円玉!そして1枚3000円になる50円玉だ。

「やべえ~!すっげー楽しい!まじでロマンを感じる!
まじか~、50円がおれの小遣いと同じ価値になるのかぁ~。」

・・・なんて小さなロマン。

「それにしても、探しても探してもないな~。」

・・・そんなに簡単に見つかるなら価値なんて上がらないよ。

我が家はお札はないけど、小銭がいっぱいある!!
そろそろ銀行に行って口座に入金してもらおうと思っていた矢先!

しばらく銀行にはいけそうもないな~。

郵便物ひとつ送るのも大変です^^;

チャレンジ試験を受けるための申込書!
きな君に自分で書くように促したら・・・。

なんと!
印鑑が3回押してあるΣ(゚д゚|||)

「朱肉がつきすぎて、つぶれて読めないから
たくさん押しておいた!」

これ、一枚しかないのにどーすんの?

「学校に電話して、3回押してあっても良いか聞いてみる。」

まったくもう!

「名前が分かる押印があればいいって!」

名前全部つぶれてますけど??

「じゃあ、もうひとつ押しておくか!」

きな君らしいと言うかなんと言うか・・・。
茶封筒を買って・・・・これが入る封筒だよ。
住所書いて、速達で出しなさい。

「出来た!」

・・・って、これ何?

「何って住所ちゃんと書いたよ!」

住所しか書いてないけど?
あて名は?
自分の名前は?

「住所しか言われてないじゃんかよ!」

あて名と自分の住所氏名を書いて・・・。

「で?これポストに入れればいいの?」

だから・・・速達で!
速達じゃなくても切手貼らないと届かないし。

「めんどくせーな!」

・・・っていうかお母さんが面倒になってるよ!
どうせ受からないし、やめてもいいけど、
本人が一応受ける気になっているので、親の口からは言えないわ。

大きくなったけど、
社会的常識はこれから最低限教えないとね^^;
せめてあて先や切手が必要なことくらいは・・・。

入学前から学校へ行くの?

きな君、無事に高校が決まり親子でホッ(´ω`人)
送られてきた入学書類の中に・・・。

チャレンジ試験のお知らせが。
なんとこの試験で優秀な成績を取ると、授業料を半分減免!

当然きな君は・・・。
「無理に決まってるだろ??290/300点だよ。」
やる気なし!

いーじゃん!受験料はないし、みんな(これから受験する友達)と一緒に勉強できるし、
奇跡が起きたら授業料半分免除だよ!!
それに、落ちてもいいんだから・・・っていうか落ちて当たり前だし。

「落ちてもいいなら受けるよ。
万一受かったらスマホ買ってよ!」

万一受かったら・・・喜んで!
でも格安ね~(母、心の声)

驚くことに、入学前から学校がある!!
1月と2月に補修(希望者のみ)
2月にチャレンジ試験(希望者のみ)
3月に学力考査・・・と計5回学校で勉強!

財政難でついチャレンジ試験を薦めちゃったけど、
入学前に学校イヤになりませんように。


レシーブもトスも出来ないけど^^;

学校の体育でバレーボール!
強いチームの一部とやや力の劣るチームの二部。
分かれてリーグ戦を行っているのだけど。

「ああ~明日から一部になっちゃったんだよな。」

まだ一番病があるのかな?
強いリーグだと勝てなくてイヤなのかな??
・・・なんて勝手に勘ぐっていたら。

「違うよ。勝ち負けはどーでもいい。
なんか一部はみんなムキになっちゃうから、たのしくないんだよねΣ(ω |||)」

えっ??そーなの?

「点が入ったらイエーイ!失点したらドンマイ!・・・みたいな、
勝ち負けにこだわらない楽しい試合がしたいのに・・・。

なんか一部だと真剣すぎて、
失点するとチッとか舌打ちして感じ悪いんだよね(*`・з・´)」

信じられない・・・きな君が同級生の勝ちたい病にツッコミ入れてる^^;

楽しいの?バレーボール!

「うん!僕はレシーブもトスも出来ないんだけど^^
みんなが繋いで僕にシュートさせてくれるんだ。」

・・・スパイクね!

「え??スマッシュ?」

・・・バレーボールはアタックとかスパイクとか言うんだと思うよ(ω |||)

ほんと恵まれているよね。
レシーブやトスができない事を責めたり馬鹿にしたりしないで、
きな君が出きることをさせてくれるなんて。
・・・しかも一番おいしいところを!

いーじゃん!相手チームが舌打ちしたって、野次を飛ばしたって、
自分のチームが心強いメンバーなんだから!
相手に惑わされず、楽しんじゃいな!

まっ、惑わされやすいのも君の特性だけどね^^


プロフィール

ぴょん

Author:ぴょん
発達障害ってなんだろう・・?
アスペルガー症候群の息子とその家族が、「発達障害のままで幸せに暮らす」「発達障害という特性を活かして自立する」を目標に、「今出来ること」をやりながら、楽しく暮らしています。母親として、家族の一員として感じたことを、のんびり綴ります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ご訪問者さま

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR